いい状態を身体に染み込ませてもらいました。

10シリーズを受けることで、生活は楽になりました。今まではある部分が疲れていたり、痛かったりしても、それに順応する形で生活していました。それはそれ でも生きていけるけれど、それがつらくなって、縁があってここに来たんだと思うし、いい状態を身体に染み込ませてもらいました。 この「ああ、これだと楽なんだ!」という感覚、身体同士が協力し合って楽になっているのを生活の中で忘れないように振り返りながら、活かしていきたいですね。(→全文

 

 

 

(ロルファーコメント)

「楽」という感覚には何種類かありますが、身体を使う楽や自由を全部使えてない方が多いです。理屈や説明での納得出なくて、身体が変わるという経験は、心・メンタリティへの影響も大きいのです。

過ぎ去っていくものもありますが、経験したことは自分のツールとして、その後もあなたの中に残り、あなたの姿勢や行動、そして人生をサポートしてくれると思います。ホメオスタシスを活性化する、体を全部使う時に見えていくる世界で十分にあなたを活躍させてください。

身体で体感しないと分からないことは世の中に多いですね。旅行もそうですが、情報として知るのと、行ってみて初めてわかる素晴らしさ、は違います。「ああ、来て良かったな」と、何度思ったことでしょう。限られた人生の時間を有意義にしていくためにも、心と身体は協力していく方が、人生のクオリティも上がっていくでしょう。

私にとっては大きな変化です。

心身ともに多くの変化がありました。まず体ですが、一番の悩みであった脚の痛みの解消はもちろん、歩くことがとても楽になったことです。数々のセッションを通して脚だけで歩くことで、体の一部に負荷がかかって歩きづらかったことがわかりました。

 

また体の声に耳を傾けられるようになり、「食」をもう少し大切にすることができるようになりました。15、6年まえから食へのこだわりが一切なくなり、食べることも面倒に思えていました。私にとっては大きな変化です。そして何より脚の痛みがなくなり、再び定期的に運動ができるようになり、これが一番嬉しい変化です。(→全文)。

 

 

 

(ロルファーコメント)

同じ体験をしても、一人一人違うことを感じています。どんな出来事も、その人にとっての意味です。

身体的な違和感、身体症状、空間性や表現力など、どれも固有感覚に基づいた展開であり、認識世界です。目で見えるものや数値化された結果でははかり知れぬ大きな世界、宇宙へと繋がる表現や可能性が、その人には残されていることを感じて頂きたい、切にそういう風に思ってセッションに臨んでいます。自分のことでさえ、常に自分が正しいか、分からない、今の我々はそういう世界を生きていると言えます。

 

自分のいい、悪い、を超えて、ニュートラルに身体がある、貴方がある。

貴方にとって意味がある、新しい境地への誘いです。

当面のセッションに関して

緊急事態宣言が出ております。

 

 

 

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言を受け、

5月6日まで基本休業させていただいております。

 

なお、お問い合わせ、5月6日以降のご予約、緊急のご連絡はこちらまでお願いします。

 

社会状況は変化しております、国や都から要請に即し活動しています。お問い合わせください。

情報について思うこと

先月に入ってからサイトアクセスが増えています。どこかで誰かに届いて、何かを感じていてくれているのでしょうか。

今のような何が正解だか分からない時は、混乱しない範囲で色々な情報に接することが大事だと思います。或いは一切接しないで、信頼出来る人からの情報で生きていくのもいいかも知れません。

 

緊急事態宣言の間、ブログは毎日は更新することにしました。忙しい時、書くこと出来ない時は、曲や映像、本に、想いを託します。

 

 

人間の大脳辺縁系は、自分のウチ、そしてソトに開いている状態がニュートラルですが、情報化社会は、自分に必要以上に、外の情報と接することを強いられています。情報消費だけに止まらない、身体性の確保、そしてウチなる自分の声が大事です。

 

情報は1つに纏まることと、分散すること。両方が大事だと思います。過去の歴史をみても、纏まることだけに偏っても、分散することだけに偏っても、悲劇や退廃の記録がたくさんあります。我々の無意識には、そうしたバッグボーンもあることを知っておく必要があります。パニックや、固定観念的な見方でなくて、全体を眺めるような、周辺視野的な見え方が「自分」を助けてくれます。そして、少し緩んで、様々な個性を受容し、優しい目と微笑みで、そして必要以上に受容し過ぎず、期待に応えすぎない、「自分」を守るスペースが大切です。

 

 

距離感。繋がり。健康。自分。人生。

そんなことを感じ治すのに良い、自粛期間だと思います。

身体には医療や情報にはない健康になる力が内在されています。

 

 

 

身体のパラダイムシフト

こんにちは。

 

ロルフィングは、受ける方によって違う変化が起きます。身体が変わるということは、物事の受け止め方が変わります。言わばパラダイムシフトが起きるとも言えます。

 

今、社会も、世界も、パラダイムシフトと言ってもおかしくない現実にあります。現状に違和感を感じていて、その現実と出会えてない、そんな気がする時には、ロルフィングは役立つと思います。自然なこと。楽なこと、自由こと、一緒に、感じて、考えて、自分の呼吸、自分の動きを取り戻していきましょう。

 

 

規制解除後の10シリーズ、アウェアネスシリーズのご予約のご相談、承りまわっています。