身体に眠る記憶と出会う

なかなか癒えない痛みや違和感など、ヒアリングし、悩みをざっくばらんに話しているうちに、だんだん進むべき道が見えてくる。違和感や痛みの原因が身体だけの問題ではない場合もあります。

 

リリースする方向に進むのではなくて、対話的な手法で、無意識に眠る自分のブロックやトラウマに気づきながら、意識的、無意識的な対話の中で紡いでいってもらいます。

 

もちろん性格もあるのでセッションでは、紡ぎ手のキャッチボールにて行います。アウェアネスに伴う発見、あるいは言語化の過程でこのナラティブアプローチ的なカウンセリング的な手法を使っています。本質的な意味での痛みや違和感の統合は、決して誰かが断定するものではなくて、対話的な手法により導き出されることも多いです。

 

さて物語に参加しているうちに、というのが偶然の一致を生み、シンクロニシティが次が生まれてくるという、ちょっとサスペンスドラマ風な自分を主人公にした物語が進んでいく、そんな風にシリーズを進めることも多々あります。基本は10シリーズを行いますが、その人に必要な場面で、その人に必要な無意識リーディングを行っていきます。

セッションレポート 川の記憶

スペシャルセッション

 

先日のお腹の違和感を聞いて、ちょっとインスピレーションがありました。スペシャルセッションを追加でやってみませんか?と言われる。先生の意味深な表情を見ていたら、なんか面白そうなので同意した。

 

 

先生の直感の通り、このセッションではものすごい変化を体験した。意識があるかないかの微妙な意識の中、夢のような、映像を見た。

 

 

子供の頃。

そう、子供の頃の見た川の映像が見える。正確には、思い出した。

草、芝生の感覚。足の裏にあたる。

風、水に反射する光。

落ち葉がかさかさするテクスチャー。肌理。

体が感じている記憶。鮮やかに。

 

子供の時の記憶。

いっきに思い出した。

 

SHENANDOHの歌も。川の歌。同じ。

水の記憶。光の記憶。私の中に眠っていたさびついた引き出しが開いて、眠っていたものが出てきた。。。

私は泣いてた。涙が止まらない。

 

 

一人感動して話続ける私の話を

先生は何も言わずに、

根気よく聞いてくれた。

 

 

先生も川のそばで育ったそうだ。

人間も川と同じようなものだと、先生は言う。人間は有機体だから流れていないと駄目だという。

 

 

翌日はものすごく眠くて眠くて大変だった。

とにかくあの映像が、感覚がすごくて、

youtubeやネットで、育った街、川の映像を探し回る。

 

ロルフィングってすごい。

※ロルファー注釈

時に感情がブロックして、身体症状を起こしていることがあります。病院でいくらみても異常なし。でも何かが変だ。違和感がある。そんな時には、身体と感情とイメージとかでブロックされていることが多いです。ブロックの先には青空が広がっています。彼女の場合の違和感は、この子供の頃の記憶と共にディスチャージを始めました。子供の頃の風景と感情、家族との関係性。無くしてしまったその感覚を取り戻したいのだな、そんな風に思いました。

この日は、彼女の歌う「SHENANDOH」の素敵な歌を聞かせてもらいました。

川の向こうに、人生の青空が見えてきたかな。