セッションの個性

ロルフィングは基本レシピがあり、基本的にはその流れで進めています。詳しくは10シリーズをご確認ください。

心と体の間に生じる葛藤や、メンタルテーマのセッション、個人化の為のブランディングなどは、スタンスとして主に以下のようなレシピのダイアログを進めています。

 

○緊張や葛藤がどこに生じているか。あるいは欲望の抑制。

 

○現代を生きていくためのアイロニー。変容へのランディングスポット、そのロジック的な検証。

 

○共時性。偶然性。日本的情緒感。

 

○陰陽感。生死感。ホリスティック的な意識。ホーリズム。

 

○目で見える身体の影の身体。官能性。世界と具体的に交わる基礎となるもの。存在するものへの欲望。関わり方。

 

○即興のウィット感。時空感覚。自分の為に必要な遊び心とスペース感。人間的な要素のトッピング。

 

○希望的ポジショニング。観念やライフスタイルへのレジリエンス。スペシャリティ。