疲れない歩き方をしたい

  疲れない歩き方を、歩幅や速度、腕を振る角度や頻度などで表現することは出来ません。疲れない歩き方と決められたフォームで歩く姿には、ムダな緊張が付き物です。ロルフィングで、重力との関係性を良好にしながらカラダの使い方や感覚を高めることが出来れば、自ずと楽で心地の良い歩き方になります。緊張を加えて作る歩き方ではなく、緊張を手放して生まれる歩き方に導いてくれるのがロルフィングです。

 

・疲れない歩き方とはフォームのことを言うのではなく、その時々でカラダに適した歩き方ができるかどうかということ。

・疲れない歩き方=世に言う”正しい”歩き方 

・フォームを作る時、そこには無駄な緊張がつきものです。

 

 

 

★歩くと足がすぐ疲れてしまって歩くのが苦手だった。それが、歩くことが楽になり、楽だけでなく気持ちよくなり、よく歩くように。大好きなディズニーランドも、前は行った翌日は疲れ果てていたけれど、今は翌日に足の疲れを感じなくなった。


Bodymateにて 人物インタビューされました。

美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト