痛みや違和感はメッセージ

続きを読む

マインドフルネス

本の紹介が連投になります。

 

流行りのマインドフルネス。この本はマインドフルネス瞑想だけでなく、マインドフルネスということに関して、発想から脳の状態まで、わかりやすく紹介してある本です。最近僕がよく取り上げているデジタルデトックスに関しても色々触れられていています。お勧めいたします。

 

ボディワークでからだのワークをしておりますが、ロルフィングの場合、深いワークですので、メンタルテーマも時に出てきます。体のことは体だけ。心のことは心だけ。そんなことは絶対にありません。心と体は繋がっています。

続きを読む

デトックス

 

そう言えば10年ほど風邪で寝込んでません。

全く風邪を引いてないことはないのですが、寝込むようなひどい状況にはない感じです。もともと体が強かったのかと言えば全くそんなことはなく、小学生の頃は、食べ物好き嫌いが多く、栄養障害で入院したり、すぐに風邪を引いていました。多分、年間30日くらい学校を休んでいた気がします。その後少しづつ健康になってきました。

 

改めて思い直すと、仕事がきつくなった20代後半。それから起業した2、3年目まであたりは、心労も多く、体調良くなかった気がします。

 

風邪は引いた方がいいということを言われる方もいらしゃいます。風邪はそれ自体がデトックスの為だそうで、風邪で熱を外に出して普段出し切れない毒素を外に出す機会になっているということでした。

 

僕の場合、デトックスのためのことはあまりやってませんが、口に入れるものとしては、まず体に取り入れる水(蒸留水)と、あと外食で何を食べているかわからないので、食後に乳酸菌を摂ります。この二つくらいです。

 

今回はそれ以外に2つほど取りあげたいと思います。

1つは呼吸のデトックス、それからデジタルデトックス(情報のデトックス)です。

 

呼吸のデトックスは、呼吸をしっかりすることで、はいの空気がちゃんと入れ替わることです。ロルフィングだとセッション1で呼吸筋を緩めていき、呼吸法でなくて、普段する呼吸をより深くしていくことができます。

僕の場合は、運動として、ヨガやピラティス、太極拳など呼吸と動きを合わせたようなエクササイズを定期的に行なうことで、呼吸のデトックスを行なっています。体の動きと呼吸を合わせることにより、効果的に呼吸が行われる感じだと思います。週に5ー6レッスン位目安にしています。

 

あとデジタルデトックスです。デジタルでできてない体は、デジタル環境だけだときつくなってきます。

会社の職場環境、スマホ、家でのパソコンタイム。起きてる時間のほとんどをコンピュータに接している方など、週に一度は、デジタル環境を遮断してみるのはいかがでしょうか。少し大きめの公園に散歩に行ったり、自然の中を歩いたり位でも十分です。できればスマホを忘れて。

 

 

最後にボディワークを受けることはデトックス力も高まります。それは例えば循環力

、排出力が変わるからです。デトックスを行う上で大きい働きをするのはリンパ体系だと思いますが、リンパ体系には、血液における心臓のような役割をするものがありません。敢えて言えば筋肉です。筋肉が動くことにより、リンパ体系がより機能しているのです。ロルフィングは、全身の筋肉が使われる方向へ筋膜から調整していきますので、リンパ体系が活性化する体に変わっていくのです。運動の効果もグッと高まっていきます。

僕のクライアントさんでは、セッション1受けただけで、呼吸の効果(代謝アップ)とも重なって、1〜2キロ痩せましたというクライアントもいます。ちゃんと呼吸できて、そしてリンパ体系の健全化が計られ、呼吸と合わせて体のデトックスにもなっています。

 

 

 

主人公は自分

安定した仕事環境を過ごしていると忘れがちですが、時に、ふと今していることが、本当にやりたいことかどうか、考えてたりすることがあります。すぐにイエスが言えればそれは幸せなことです。

 

「上手く出来るよになったから。」「儲かるから。」「頼りにされているから。」「人間関係がいいから。」もしかしたら別の理由の為にやり続けていることだって、世の中にはゴマンとあります。

自分で書いた自分の物語。私たちは自分の書いた物語を書き換えすることが出来るんですよ。物語の主人公は、あなた自身です。

 

もしあなたが本気で望むことならば、誰も反対なんてしません。皆、応援してくれますよ。

 

 

 

奇異体験

ロルフィングって、奇異体験のセッションなんですか?

続きを読む

魔女の国ニッポン

魔女狩りで絶滅したと思われていた魔女は、現代にも多く生息しています。

 

表参道という場所がら、女性率95%、TE2ボディワークスには、ごくたまに魔女が訪れます。本物の魔女ですよ。

 

僕が魔法使いであることを僕がfacebookで告白してしまったのを嗅ぎつけて、彼女達は訪れます。昨日も一人魔女が訪れましたよ、ニッコリ笑って。

 

現代の魔女は、自覚している人もいるし、無自覚の人もいます。無意識の魔女は、無意識ワークをしていると、その姿を表します。白魔術、黒魔術、出てくる出てくる魔法の言葉。そして無意識から意識が戻ると、すっかり忘れてしまっているのです。

 

さて人間社会に潜んで魔女がこれだけ多く生活しているとは、ロルファーになるまで知りませんでした。これから未来は、魔女達の時代だと思います。世界に魔法、飛び交います。世の中の皆さま、TE2ボディワークで眠れる魔女、目覚めさせてしまいました。

続きを読む

潜在意識

意識といえば、フロイトやユング、そしてシュタイナーなど、大御所が、21世紀の現代に今だに流通しています。確かに彼らの理論や著作は、常識であり、古典的な名著であるとは思いますが、現実社会に合ったものとは思いません。我々の人生は、暇つぶしや趣味ではなく、今、ここに生きているのです。

自分の人生を生きていく為には、生きた理論や考え方が望ましいです。我々は、今に生きてないと。

そして分析的な現実認識は、もはや現実的な発想ではありません。分析だけでなくて、動いていくものに自分を重ねて生きましょう。

関係性、行動、創造の時代です。

僕のロルフィングも現実に即して、そちらにシフト、流れていってます。さよなら懐古主義、趣味の世界。新しい自分になる時代の波動が注がれています。

 

信念体系や潜在意識が現実を変えていくこと。引き寄せの法則、シンクロニシティ、世の中を、自分自身を変えていくものは、世の中にゴマンと存在します。あとは出会いです。そして問題は使い方、運用です。自分に軸を持って、自分の人生を歩んでいく。ニュートラルに、他人と協力して、人間らしく生きていく。他人を受け入れて、他人の成功を共に喜び、失敗を慰め、癒し、パートナーと愛を育み、体と心を使って、人生を謳歌する。そんな信念体系を持ち、潜在能力を引き出して来れれば、人間は皆楽しく、明るく過ごせるのではないだろうか。古い本ですが、そんな風にするにはどうしたらいいのか。意識の持ち方について、わかりやすく書かれています。

 

あとは身体、そして使い方です。

 

 

使い方は、地球と世界が持続可能な未来の為に、人間の潜在意識を引き出していきたいと思います。ロルフィング&クラニオは身体から潜在意識をニュートラルに変えていきます。身体や発想が、全体性を感じ、考える方向へとシフトしていきますよ。もしあなたが素直な方なら、多分僕のセッションを1回受ければ、ロルフィング&クラニオがホンモノの技術だと気がつきます!

 

「潜在意識が答えを知っている」

 

マクスウェル・マルツのいう「サイコ=サイバネティクス」理論とは、人間には、誰でも成功本能、「成功への自動誘導システム」を持っていて適正な自己イメージと明確な目標があれば、自動的に望んだとおりになるというもの。

多くの人が、「自分に足りないもの」を常に意識しているのではないでしょうか。著者が強調していることは、もっと自分を信じなさいということ、そしてその最大の武器が、イマジネーション=想像力であることの2点。人間のもつこのメカニズムを理解するだけで、不思議と生きる勇気が湧いてきます。

続きを読む

自分の思いを爆発させないと、世界はつまらなくなる

クライアントさんから太陽の塔の見たことのないアングルからの写真を送ってもらいました。岡本太郎ネタが続きます。

 

岡本太郎は、アーティストですが、本も結構残しています。この本は比較的後年に書かれた書き下ろしで、当時リアルタイムで読んでいます。

 

すっかり共感、シェア社会になってしまった今の方が、こういう感覚が大事なんじゃないだろうか。そんな思いもしてきます。

毒を認識して吐き出していくか、毒を見なかった振りをするのか、それによってその人の人生は大きく変わって来そうです。あなたという意識が、消滅していくか、生き残るか。生命を超えての大きな物語があなたの人生で進行中です。

 

しかし、この本で書かれているエッセンスを僕に最初に話したのは、岡本太郎ではなく、ワーキングホリデーでオーストラリア滞在中に出会った18歳の女性でした。ちゃんと人と出会うこと、大事ですね。思い返すと僕の人生はずっと他人に教えられて、気付かせられて、出来上がっています。それはどちらかというとマジョリティ側の人間よりも、マイノリティ側の人間が多かった気がします。マジョリティには気がつけない視点から現実を見ているからでしょうかね。

 

自分の現実感から世界を見ていくこと、地に足をつけて自分の軸から、世の中を見ていく、自分の人生を生きていくこと。自分の人生を楽しくしていく為には必要なことです。

 

 

 

 

 

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか

 

著者が1993年に出した文庫本の新装版。亡くなる3年前に書き残した。

 

 今を生きる人々を叱咤激励している。自分の人生を振り返って、この世に生まれ出た瞬間から(覚えているわけではないだろうが)、小学校時代、パリ留学時代、今日に至るまでを「決められた枠にはまらずに、自分の思いを爆発させ続けてきた連続だ」と言う。

 

 著者の主張は明快だ。「集団に馴染むために個性を殺すな。1人ひとりが本気で考え、自分の思いを爆発させなければ、世界はつまらなくなる」。

 

 何かを生み出すためには、自分を追い込むことが必要だ、という言葉は芸術家として生き抜いた著者の叫びだ。

 

 数々の前衛的な芸術作品に込められた熱く厳しいメッセージが伝わってきて、勇気づけられる。

 

 

続きを読む

起業20周年

続きを読む

縁。

 

縁という言葉の意味はこんな感じです。

 

1 《(梵)pratyayaの訳》仏語。結果を生じる直接的な原因に対して、間接的な原因。原因を助成して結果を生じさせる条件や事情。「前世からの―」

2 そのようになるめぐりあわせ。「一緒に仕事をするのも、何かの―だろう」

3 関係を作るきっかけ。「同宿したのが―で友人になる」

4 血縁的、家族的なつながり。親子・夫婦などの関係。「兄弟の―を切る」

5 人と人とのかかわりあい。また、物事とのかかわりあい。関係。「金の切れ目が―の切れ目」「遊びとは―のない生活」

6 (「椽」とも書く)和風住宅で、座敷の外部に面した側に設ける板敷きの部分。雨戸・ガラス戸などの内側に設けるものを縁側、外側に設けるものを濡れ縁ということが多い。

意識的な作用から無意識的な作用まで、色々ありますが、とりあえず自分を開いてないと、縁はやってこなそうです。変化を求める時は、縁が必要です。自分だけでは縁が生じないですね。この文章を読んだのも何かの縁ですね、笑。

 

 

あなたを見せてますか?

それはどんな場所ですか?

 

縁を開くと、運が巡って来ます。あなたの縁側は開いていますか?

 

天使たちのシーン

続きを読む

生と死の境

続きを読む

SOS

 

感じないようにしていた痛みが、

少しづつ癒されて、

あなたから離れていきますように。

 

聞こえてこないようにしていた音が、

あなたに戻って、

新しいあなたを表現していきますように。

 

続きを読む

ブレイクスルー

続きを読む

職住接近

代官山に住んで14、5年になる。当時経営していた制作会社が渋谷にあり、職住接近のため、徒歩通勤できるこの場所を選んだ。

 

僕の家は、商店を営んでいて、元々職住接近してた。お店は夜までやっていたので家族で夕食を一緒に食べることはできなかったが、学校帰りに、お店の前を通るだけでも父と母の姿が見れた。就職し、都心で働くようになり、いわゆる通勤生活が始まった。結婚生活が始まっても基本スタイルは一緒だった。

 

職住接近の必要性が出てきたのは、娘の存在であった。幼稚園に入った位の娘との時間を確保したかったのだ。今から思うと、自然ではない、強い思いが現実を動かした。信念の力。

 

ただ、大きい枠組みで考えると職住接近はメリットが大きかった。

僕の場合を参照までに書くと、

○朝の通勤電車とも無縁になった。(風邪や病気にならなくなった?気がする)

○通勤時間分の時間が増える。(僕の場合は増えた2Hをスポーツクラブでの運動時間とした。)

○交通費がかからない。

○ワークシフト。(娘の夕食時間に合わせて一度帰宅、食事や娘との時間を過ごし、娘が就寝後、オフィスに戻り仕事を済ませた。)

○緊急時のリスクマネージメント(電車事故や地震などでも即帰宅できる)

などが代表的なメリット。

 

デメリットは、場所が渋谷であったので、住居費が郊外に比べ約2倍になったこと(しかし当時かなりの頻度で深夜にタクシーで帰っていたのを考えるとあまり変わらなかった。)あとは住居スペース的に多少狭くなったこと。そして住宅地としての自然環境が激減したこと、人が多いことによるストレスは増えていたかもしれない。また地域コミュニティの繋がりはやはり郊外の方が良かった気がする。色々あるが全体的には、職住接近して良かったと思っている。

続きを読む

ウエルネス、ウェルビーイング

「ウエルネス」、「ウェルビーイング」という言葉があります。

 

ウィキペディアをみると、こんな風に解説してあります。

ウエルネス (Wellness) とは、世界保健機関 (WHO) が国際的に提示した、「健康」の定義をより踏み込んで、そして広範囲な視点から見た健康観を意味する。1961年に、アメリカの医学者、ハルバート・ダンによって提唱され、ウエルネスの用語が作られた。より平易な言葉で言うならば、生活科学として、運動を適宜日常生活に取り入れながら、健康的に日々の暮らしを送ろう。という主旨で提唱された概念。

 

一方のウェルビーイングが、現代的ソーシャルサービスの達成目標として、個人の権利や自己実現が保障され、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念。1946年の世界保健機関(WHO)憲章草案において、「健康」を定義する記述の中で「良好な状態(well‐being)」として用いられた。最低限度の生活保障のサービスだけでなく、人間的に豊かな生活の実現を支援し、人権を保障するための多様なソーシャルサービスで達成される。ということらしい。

 

他の言葉もそうですが、言葉だけで先走りせずに、身体でそのエッセンスを感じて体現して行ければ本当に素晴らしいことだと思います。 日本だと、言葉先行で意味や理念を考えずの動かされていくパターンも多いので、自分自身でいることが大事だと思う。

 

 

続きを読む

ロルフィングの感想・背骨の解放ワーク(30代、俳優)

今回は背骨への解放ワークを行った。吉田さん言うところの『CKワーク』というセッションを受けた。

 

前回背中の骨がストレートのところがあると教えてもらったので今回は背中を中心にしたワーク。

背中の骨と骨の間で動かしにくいところを開いていくことにより、いつもより少し深い層の動きの柔軟性がでてくるのだという。

 

自分の深層の部分は意識したことがなかったので少し不安もあった。

 

始まる前に

『今回はいつもより深層にいくのでしずかに行いますが、寝てもいいけど、もし寝ないでいれるなら、ギリギリのところで頑張ってください、たまに声かけますね』と吉田さん。

 

正直、感覚的によく分からなかった。 

まずは立った状態ロールダウン。吉田さんが指で触れた部分を首から背骨を前に倒していく。1つ1つの関節をゆっくり曲げていく。

 

『ここら辺感じにくくないですか』と吉田さん。確かに他の場所に比べて感じにくい固い部分がある。合計3箇所あった。

 

首の下部分・背中の真ん中・腰

 

この3つの部分を触れられた時にどうやってそこの部分だけを曲げたら良いのか分からず触られている部分より下の部分も一緒に動かさないと曲げれなかったりした。

 

次に仰向けで寝てみる。

 

『何か感じますか?』と聞かれたので

 

感覚を背中に集中すると…

 

左側の背中と腰からお尻の上の部分が浮いていた。

 

それを告げるとまずは足からセッションが始まった。

 

腰に吉田さんの手が入りセッションが始まった。ガクンといきなり眠くなる。ロルフィングのセッションというのはどうしてこうも眠くなるのだろう。

 

軽く触れるようなタッチで吉田さんは触れていく。

足と腰の辺りのセッションが終わると腰からお尻の部分がしっかりついている。

 

次に背中。

 

背中を行なっている時にフワフワとした気分になり寝そうになってしまう。

 

そこで始まる前に言っていた吉田さんの言葉がよみがえる。

 

『寝そうになってもギリギリのところで頑張ってください……。』

 

これのことか!!!

 

何度か寝そうになるのと深層の部分を行ったり来たりしてるうちに終了。

 

吉田さん『今回はいつもより深層部分に行ったということもあっていつもよりゆっくり立ってください。』

 

いつもよりゆっくり立ってみる。

 

いつものセッションだと空間が拡がった感じが強かったけれど今回は空間はそのままに自分が小さくなったような感覚になる。

 

いや、自分は小さくなってないけど、中に小さな何かがあって質が濃くなったような感覚だ。そして体が一つにまとまっている。新しい感覚だ。

 

今までは心がオープンになるのが見られているとか見透かされているような感覚があって少し恥ずかしかったりした。

 

でも心のもっと深いところにコアがあることによって

『心はオープンでもいいや!』って気持ちになった。

 

自分が『キュッ!』と締まった感覚だ。

 

今までのセッションにはない感覚で面白い感覚。

 

1週間後にあるセミナーに参加しましたがいつもなら話を聞いて帰ってしまうのだけれど今回は積極的に周りの人に話しかけたり写真を撮ったりしていた。

 

いつもなら閉じこもっていたのに…。

 

なんだか今回はオープンになれてる自分がいた。

 

 

続きを読む

自分の人生を歩む

続きを読む

脳の話

続きを読む

同じ風景を見ている

続きを読む

出会い系?行動力?

続きを読む

新・初めてのお使い

続きを読む

天使たちの再生

続きを読む

持続可能な「自分」

 

今現在の日本で、100歳まで生存する人の割合は、男性=1.645%、女性=7.037%ということです。

 

先進国では、人生100年時代到来、日本人は長生きするように言われています。確かに体としては生きるようになりました。しかし、言葉や思考、生き方、在り方は、まだまだ遅れている気がします。 現実的に100年生きることを想定した人生設計、ライフスタイルが必要とされてきています。

 

 

 

人は1つの物語で生きて行くだけでもなくなってきています。第2の人生、第3の人生。色々な生き方、色々な楽しみ方、色々な関係性を楽しめることが大切な世の中になって来ました。自分という在り方を創造できていく人は、幾つでも人生を送れるとも言えます。

 

ボランティアを始めて、老人ホームを訪れるようになって、老人たちと多く接するようになって、持続可能な自分がいかに大切か思い知りました。在り方。生き方。ライフスタイル。

 

 

 さて、百年生きていくあなたのために必要な知識や体験はどこにあるでしょうか?それはあなたの外にあるでしょうか?

ある程度は外にあります。でも外にあるものはせいぜい半分までです。あとの半分はあなたの中にあります。外の知識だけでなく、あなたの内的体験、内的経験によって、つまり気づきによってあなたの叡智はもたらされていくのです。外を探していても探し物は外には見当たりません。

 

あなたの中とはどこでしょうか?それはあなたの心と体、そのもの全てにあります。あなたが自分の全体性に出会う時、それはあなた自身が幸せになるということです。

 

体にはたくさんの叡智があります。何故なら、体には、意識だけでなく無意識があるからです。無意識と出会うということは、自分自身に繋がる場所でもあるのです。

 

あなたがあなた自身と出会う為に、体を通じてその為に必要なことを、体を通じて経験していく場です。内なる自分と出会うたびにあなたの人生は、変貌していきます。100年生きていく為に。

 

 

タンゴセラピー

昨年からタンゴセラピーというボランティア活動に参加しています。タンゴセラピーというのは、老人ホームや特別施設などでタンゴを介して行うセラピー活動で、ボランティアにより運営されています。タンゴセラピーは、脳内でのオキシトシン、セロトニンなどを出す効果があり、参加者のコミュニケーション能力や意識や身体状況に好影響を与えます。

 

現在は基本老人ホームでの活動が主な活動ですが、認知症、そしてパーキンソン病などにも効果があると言われていて、そうした施設でも活動が始まっています。世界的に行われています。日本でも静かながら、全国的に広がりを見せています。

 

実際の活動としては、タンゴを踊るだけでなく、ストレッチやリズム体操、歌を歌い、そしてタンゴを踊るという多岐に渡るもので、様々な刺激が入るプログラムとなっていて、心理と身体の両面から機能向上や人間性回復の可能性が期待できます。人間の可能性を開くということは、まだまだ今後発展の余地があると思います。

 

この活動はボディワーカーの幅を広げてくれる活動となっていて、今後も続けて行こうと思っています。

 

続きを読む

学びと気づき

 

ロルフィングは身体教育プログラムです。

 

セッションでは、学びの要素もあります。そしてロルフィングは、新しい知覚、感じ方という気づきのボディワークでもあります。

 

様々な学びと様々な気づきが交互に押し寄せて、日常とは少し違う変容の時間を提供しています。 

 

学びも気づきもどちらも必要なのです。

学びと気づきの掛け合い 

まるで交互に掛け合うハーモニーのような、

この稀有な時間であるロルファーとあなたとの、

セッションをお楽しみください。

右腰の痛み

続きを読む

フォードからジャガーに

続きを読む

私は”使い捨て”ではない

続きを読む

アイデアの作り方

広告クリエイターを志した時に読んだ古典的な企画入門書。テクニックとか、表現、アートではなくて、単純にアイデアをどう作るのかについて書いてあります。企画マンとして代理店時代から独立起業時代27年やってきた僕にとっての古典です。今でも同じように思考展開しているような気がしますし、他のことにも応用が利くアイデアが書かれています。

 

アマゾンの本の紹介がとてもよく書けているのでそのまま転載します。

 

(以下、転載)

 

アマゾン選定、

これだけは読んでおきたい

オールタイムベスト

ビジネス書100入り! 

 

1940年から

世界中の人々を魅了し続ける

不変の法則。不朽の名著。

 

(序文より)

この小さな本のなかで、ヤング氏は、

もっとも学術的で詳細な広告原論よりも

さらに貴重なことを私たちに教えてくれている。

個々のコミュニケーションの

骨や肉にあたるものだけではなく、

その魂ともいうべきアイデアを語っているからだ。

 

生化学者は、大した費用もかけずに

人間の肉体を組み合わせることができる。

しかし、人体に生命の火を

スパークさせることはできない。

ヤング氏がここに書いているのは、

創造のスパーク、アイデアなのだ。

 

アイデアこそが広告に精神と生命を吹きこむ。

広告制作者がその手腕を発揮する上で、

これより大切なものはない。

 

創造の過程における

心の営みを記述するときのヤング氏は、

私たちのもっとも偉大な思索家たちの

幾人かの人々の伝統に連列なる人物である。

 

バートランド・ラッセルや

アルバート・アインシュタインのような

科学の巨人が、

このテーマで

彼とほぼ同じ趣旨のことを

説いているということが、

ヤングの偉大さの何よりの証しだ。

 

知識はすぐれた創造的思考の基礎ではあるが、

十分でない。

知識は、よく消化されて、最終的に、

新鮮な組み合わせと関連性をもった姿となって

心に浮かび出てこなければ意味がない、

という点で彼らの意見は一致する。

 

アインシュタインはこれを直観と呼び、

直観だけが新しい洞察に到達する

唯一の道だと言っている。

 

手に入れたアイデアが

価値あるものかどうかは保証の限りではない。

このことを言ったのは

ヤング氏がはじめてだったのではないか。

 

アイデアの良し悪しは、

遺伝子までも含めてあなたのもつ

すべての資質と能力できまるものだ。

しかし、ヤングがこの本で

単純明快にまとめた手法に従って

アイデアづくりに取り組めば、

あなたは自分の能力と素質のすべてを

最大限に生かせることになるだろう。

この問題の核心に触れることができるのは

ヤング氏のおかげである。

 

長年にわたって広告活動に携った結果、

適確でドラマチックなアイデアの作成が

コミュニケーションを成功させる鍵だ

ということを、彼は体得したのである。

 

彼はそのことを鮮明に

私たちに理解させてくれるばかりでなく、

その目標に向かってゆく

道筋へも教示してくれている。

続きを読む

美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト