体について

「身体」「体」「からだ」「カラダ」。

文学や随筆だとまだまだたくさんの体という字が使われますね。

 

僕のサイトの中の表現で出てくるのは、この4つの体です。紛らわしいですが、少しづつニュアンスが違うので一度ブログで触れておきます。

 

一般的には体という字が全てを含む言葉だと思うのです。特別な意図がない場合は体としています。

 

あえて身体と書くときは、物質としての体でなく、身を伴った体、心のニュアンスを入れた人間の体という意味合いが入っています。体と書くと、動物も体という意味では同じですが、動物には身体とは書かないですよね。身体検査、身体感覚、身体表現、皆、人間の体の用語ですね。

 

次に、ひらがなで、「からだ」とするときもあります。これは、生きている生命そのもの、みたいなニュアンスが入ると、漢字を開いて、「からだ」としている風に思います。

 

さらにカタカナで「カラダ」と書く場合があります。これは、少し特別の新しいイメージのカラダ、ブランニューな体というニュアンスを含めています。

 

また感想のページだと、お客様が書いた言葉そのまま使っていることが多いです。僕の意味づけを超えてその方の意味合いで使われていると思います。

 

英語だと多分どれもボディ(肉体)って感じですね、

あと心や細胞のニュアンスを入れてソマティックという風にいうこともありますね。

 

言葉でなく、実際に自分の体で感じることが大事です。

 

 

(イメージ写真はサイト撮影に協力していただいたボディリーディング中のAyaさん

花があり、鳥がいる、緑が繋げていく街の風景

さて、トップページとブログページで背景に使っている絵ですが、この絵は、2年前に僕が人生で初めて描いた油絵です。少し大きな絵で、どちらも一部分です。二枚とも、筆は使わずに手で描きました。ボディワーカーっぽいですかね。

 

大きな意味では動的二元性、二つのポジションの行き来を表しています。一つの場所に留まらず、動的な揺らぎある自然観を表しています。

 

例えば、身体の文脈で言えば、収縮と弛緩を繰り返す筋肉や、呼気と吸気を繰り返す呼吸のイメージ。また心理の文脈でいえばメラニー・クラインが作った理論、部分関係論の、抑うつと妄想ポジションの行き来をイメージしています。二つのポジションを間を移り変わりながら動的健康は維持されています。

 

深いレベルで力が入ったままで、充分に弛緩が出来ない身体や、吐ききれない呼吸。そのポジションでの固定、葛藤など、を如何にリラックスさせて、リセットして緩めていくか、それが身体の自然なリズムを呼び起こしてきます。身体の中の代償的なバランスから統合され、全体性を持った身体へ、重力と動きの調和が、体として再活性化した身体であるともいえます。

 

ボディワークの一つのゴールは、こうした動的な健康状態へと導くことだと感じております。治癒が起きるには、こうした段階的なプロセスを追いながら、プロセスに埋没ぜず、次を築いていくことが大事だと思っています。

 

そんな想いも入れ二つの絵を表裏に、そしてその他のページの背景は、「花があり、鳥がいる、緑が繋げていく街の風景」をグリーンの単色で入れてみました。その色付けは、その人が自分の色で彩って欲しいと思っています。後付けの説明ですが^ ^

その後の人生が変わると思う。生きていることが安心できると思います。

ロルフィングの印象

 

ロルフィングは不思議。ボディワークだけど、ただ触れているだけなのに、なんで体の中が変わっていくのか。ほんと不思議。痛みのある人だけでなくて、どんな人でも受けていいんじゃないのかなーって思います。受けたら受けた分、得るものがあると思います。ロルフィングに出会うと、体はこんなに楽なものなんだ!と気がつけます。クライアントにとって、健康になりたい、痛みがあるなら、解消する方法があると思う時に、ロルフィングは、1つの素晴らしいアプローチ方法だと思います。頼り方としてロルフィングという選択肢を持っていると、その後の人生が変わると思う。生きていることが安心できると思います。(→全文

知覚や意識も動きには大切なんだ

いい姿勢を保つために、腹筋も肩に力をいれて、ぐっと力を入れていたのが、意識しないで力抜いて自然にしていても、いい姿勢を楽に出来るようになったというのが私にとっては一番いい所だった。

後半のセッションで吉田さんにリードしてもらったり、少しサポートしてもらうと、ほんと身体が色々なことができるし、変わるし、新しい動かし方も出来る。知覚や意識も動きには大切なんだなと思った。(→全文

 

練習していても、コーチからも学べない、身体からの発想の新しい気づきがセッション中には色々と起こることになります。原点に戻った新しい動きで、あなたのプレーは、新しい動きを始めるかもしれません。

 

 

 

 

 

いつも押すと痛かった肘の内側や、脇のしこりのようなものが無くなってた。

ロルフィングは、痛くないのに体が変わっていく感じが不思議でした。マッサージの揉みほぐしとは違う、身体の皮膚の奥、まさに筋膜を調整していくタッチが初めての感覚でした。腕をやって貰った時。いつも押すと痛かった肘の内側や、脇のしこりのようなものが無くなっていて、身体の変化を感じました。

 

ロルフィング10シリーズを終えて、歩いていて踵をちゃんと使って歩いているなという風に思います。(→全文

 

痛くならないと、気がつかないようなことでも、全体を感じるセッションの中では、自然に治っている、そんなこともあります。意識出来ていることの外を感じることにより、演技やパフォーマンスは、さらに深まっていきます。

 

 

目に映る景色が絵画的に見えるようになった、今まで見たことのない感じの立体感を持って見えてきた

 

複数のセッションで、何度か視覚的な変化があったことです。具体的にいうと目に映る景色が絵画的に見えるようになったことや、今まで見たことのない感じの立体感を持って見えてきたことです。

これは視覚そのものというよりも、体の側面や背後が統合されていくことにより感じるようになったという風な説明を受けました。

 

変化は色々ありますが、まず顔が変わったこと。特に第7セッションで、目鼻立ちが立ち、顔にメリハリがついてスッキリしました。家に帰り私の顔を見た妻が違う人になった!と喜こび、記念写真を撮りました(笑)(→全文

 

ボクシングにより網膜剥離に、片目の視力を失ったクライアント。

僕は、見る喜び、見える喜びを、もう一度感じて欲しい!そう思ってシリーズを組み立てました

身体的な再構築に加えて、脳が視覚を補正していく能力を様々なやり方で活性化しました。

 

先日テニスに行った際も、軽い脳拘束を起こした方がいて、右目が広い範囲で欠落する盲点が存在しました。自宅だと問題なく補正されていましたが、慣れない場所での統合作業が追いつかず初日は、空振りばかりでした。

しかし二日目は、脳がパターン認識が追いつき、見事にストローク、サーブ、ボレーをこなしていました。身体の底力を感じました。身体は、可能性に満ちています。諦めない心が、身体を次へと紡いでいきます。

続きを読む

身体が柔らかくなりました。 考え方にも影響して、肩の力を抜いて物事を考えられるようになりました。

筋膜を緩めただけで、すごく身体が楽になるし、立ち方も歩き方も変わることを実感しました。本来の人間の機能をおかしくしてるのは自分自身の身体の使い方なんだなと気付きました。身体のいろいろな機能がつながってくると、力を入れなくてもまっすぐ立てることができるし、歩くのも楽です。ロルフィングは、自分にとってたくさん「初めての体験」がありました。(→全文

 

統合的なセッションだから起こる不思議、身体だけでなく考え方も、気持ちも、あそこも、ここも、ズレているから起こってきている様々な違和感。

 

意識は、違和感スイッチが入ると、次から次へと違和感を伝え続けます。全部一度にどうにかなって欲しい、そんな「贅沢で、ワガママ」な人にも向いているボディワークなのかもしれません。物語は全部で10。10回のセッションが、身体を再構築していきます。 

まさにタイミングだと思います。

1回ごとにテーマが違い、それぞれに自分の体の状態や変化が感じられ、また体の中を意識することの大切さを自分なりに感じることができたのが良かったです。この「自分なりに」ということがロルフィングの面白いところだと思います。まさにタイミングだと思います。その人ごとの状況(状態や意識)で、10シリーズの効果は変わって来るんだろうなと思います。(→全文

 

 

同じセッションでも、一人一人全く違うセッションです。人間は、既製品ではないから、その人ごとに身体との関係性は違います。あなたのための、あなたらしい身体になる、あなたのタイミングで行うセッションです。

 

普通に呼吸できる!

今まではベットで寝るにしても、仰向けは背骨が痛い、横向きはめまいがする、うつぶせはあばら骨が痛いしもともと息苦しいのにもっと苦しくなる、ふくらはぎがつる、伸びをすれば体のどこかがつる、など、体中が痛い、苦しい、辛い状況だったのです。こうした状況がロルフィングによって無くなり、普通に寝られるようになりました。息も意識せずに普通に呼吸できるようになりました。(→全文

 

 

症状が多岐にわたる場合や、原因不明の違和感など、個々に対応するよりも、こうした統合療法を活用してみることを選択肢に入れてみると良いと思います。将来の身体的な不安や違和感に対するリソースとなると思います。

 

日を追うごとに、前とは違う自分の身体を体感しています。

ロルフィング10セッションが終了して、もうすぐ一ヶ月になろうとしています。日を追うごとに、前とは違う自分の身体を体感しています。

 

仕事が覚束なくなるほどの左腕の痺れや反りによる腰の張りが、気づくと軽くなっていました。たまに不調な時もありますが、それはずっとではなく、少しストレッチをすれば、翌日には解消されていたりします。(→全文

 

ロルフィングの効果は、終わったあとがピークでなくて、セッション終了後にも、ジワジワと続き、数ヶ月経ってから気づく変化もあります。根本から身体を変えていくということの違いは後から知ることになります。

 

細胞のひとつひとつが動き出し、「いまこの時」に生きている

教えてくださること、いつも大変参考になります。普段は意識していないけど、施術後の、重力から解放されたような身体を感じてみると、いかに自分が、強張った苦しい身体で生きているのかがよく分かります。ロルフィングをしてもらい、少し身体の意識を変えるだけで、ぜんぜん違う身体になってしまうんですね。骨盤の傾き方など、意識するようになりました。

 

普段、無関心だった自分の身体に意識を向けていくと、細胞のひとつひとつが動き出し、身体がイキイキとして「いまこの時」に生きているような感じがします。うまくいえないけど、身体と仲良くなれたような感覚で、とても嬉しい(*^-^*)(→全文

 

 

ロルフィングは、身体がよくなることもあるますが、学びや気づきもある身体教育プログラムという側面があります。身体というのが我々の基本だからです。10シリーズが終わる頃には、新しい認識がたくさん増えていることでしょう。