自然から学ぶ・自然に触れる

明治神宮御苑を訪れてきました。 「うつせみの 代々木の里は しづかにて 都のほかの ここちこそすれ」 明治天皇がこのようにお詠みになりました御苑は、江戸時代初期以来加藤家、井伊家の庭園でしたが、明治以降は代々木御苑と称され、明治天皇ゆかりの名苑となりました。現在は公開されていて、...
国土面積に占める森林面積の割合を「森林率」といいますが、日本は森林率が67%と国土の2/3が森林です。これは、世界の国の中でも森林率の高いことで知られているフインランドやスウェーデンと並び、日本も世界ではトップクラスの森林国ということができます。...

今年の中秋の名月は、9月24日です。 中秋の名月とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことをさします。中秋の名月を愛でる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。もう千年は続いている習慣ですね。...
こんばんは。東京を離れ上高地へ行ってきました。写真は明神池です。真ん中あたりは全て水面です。水に映った山や木々が美しかったです。 天地逆さまですが、目が奪われました。 本物より映したものの方が綺麗なんでしょうかね。うつし世とはよく言ったものです。そしてこの中には全てがあるように感じました。...

先日見た映画「やまうみあひだ」は、4K映像と、ハイパーソニックサウンドと呼ばれ、可聴帯域を超える音で、森や自然を表現していました。特に高周波の音が入っているそうです。...
熱帯植物が好きでたまに出かけます。新宿御苑、そして夢の島にある熱帯植物園へ行くことが多いです。 コンクリートの中にいることが多い都市生活です。目も、そして身体も、違うものと接していた方が、感覚がニュートラルに戻ってきます。...

  しばらく関西方面、自然の中へ旅に出ていました。今回はどこへ行っても桜桜桜。桜と共に山道を歩いてきました。途中、菜の花畑、環濠集落や古墳の中、気持ちよい春の日を過ごしました。...
脳ベースでいうと、ロルフィングでは、両生類や爬虫類時代、初期哺乳類時代に獲得してきた身体、つまり人間としてのベースの部分も扱います。我々の身体が存在するとか、動くということには、そうしたベースの部分がしっかりと支えて成り立っているのですね。 一番みじかな自然、それが体です。おざなりにすると、やはり何かしらのしっぺ返しがやってきます。...

シンギュラリティ、IoT,AGI、自動運転と、未来の地球を技術へと運んでいる流れは、火星移住計画へと繋がっていくのでしょう。 一方は、iPS細胞をはじめとする再生技術により、人生百年時代からしまいには、死なない体を我々人間は持つことになるのでしょう(そういう夢を持った人がいるので、そちらへ向けて突き進むのでしょう。)...
  滝の近くに行くと、流れ落ちる水しぶきが体に当たって、ひんやりとしたすがすがしい感じがします。小鳥のさえずり、小川のせせらぎ、木々を吹き抜けるそよ風のハーモニー、滝つぼに落ちる水の衝撃波など、大自然のもたらす総合的なエネルギーは人間の疲れた体と心を癒してくれます。...

さらに表示する