我ら、哺乳類

ねこ

鷹は、タカ目タカ科に属する鳥のうち比較的小さ目のものを指す通称で、 オオタカ、ハイタカ、クマタカなどの種がいます。タカ科に分類される種にて比較的大きいものをワシ(鷲,Eagle)、小さめのものをタカ(鷹, Hawk)と呼び分けていますが、明確な区別ではなく慣習に従って呼び分けているのだとそうです。ではオオタカは小さめ中での大きめの種類なのか、あるいは顔が違うののか、そのあたりが紛らわしい。

 

ロルフィングトレーニングのunit2のインストラクターは、オーストラリア人のAshuanという女性でした。未だに彼女のするartisticなセッションスタイルが忘れられません。「ロルフィングってこんなに自由にやっていいんだ」ということを彼女から教わった気がします。トレーニングの終わりに彼女からカードを頂きました。僕が受け取ったそのカードには、Hawkつまり鷹が書いてあって、その時から鷹が頭のどこかにインプットされました。

 

調べてみると鷹のパワーアニマルとしての意味は、「自身を取り巻くものごとを、大きな枠組みで捉えることができます。興味を惹くものには微細なところを見通す能力も持ち合わせています。深い精神性を持ち、真のスピリットを表現するときにとても高く舞い上がります。その姿は他の人に影響を与え、立ち止まることなく進む傾向があります。流れに身を任せる達人でもあります。たやすく、そして優雅に流れに乗る鋭い能力を持っています。自然界からのサインと兆しを解釈するのが得意です。天の恵み、または警告かどうかに関わらず、自然が教えてくれるものがより高い目的にかなうものであることを知っています。」と書いてありました。

合っているような、違うような、僕をよく知る人、ご意見頂ければ幸いです、笑。

 

さて最後に。イソップ物語にタカをテーマにした「鷹と矢」があります。紹介します。 1羽のタカが岩の上から獲物のウサギを狙っていた。そこを一人の射手がタカに矢を放つと命中。 倒れたタカが当たった矢を見ると、何と矢羽根はタカの羽でできていた。意味するところは、「 己を滅ぼすものは、己である」。大切なことは全部繋がっている気がします。 

動物と一体になる。

動物と過ごす。

それは違う時間を過ごすこと。

 

一時期乗馬に凝ったことがあります。車とは違う乗り心地。手間や手続きの多さ、生きているもの通しの連携。人馬一体となる躍動感。乗馬にしかない感覚です。

 

いつから乗馬に興味があるのだろうか考えてみると、元を辿れば20年ほど前にカナダ、ケベック州にあるフェアモント ル シャトー モンテベロに滞在した時に、出かけた森の中の乗馬ツアーだと思います。2、3時間かけて、森の中を巡るツアーでした。

 

「乗馬の経験ある?」

「1、2度」

「じゃあ大丈夫ね」

 

そう言われ出かけたのが遠乗り!そりゃー凄い経験でした。小川を渡り、木にぶつかりながら、それでもなんとか遠乗りツアーを乗り越えました。日本に戻ってから、千葉の乗馬クラブに通い、乗馬の級を取るコースに通った気がします。

 

馬は、本当に感情的な動物で、神経質です。乗り手をすごく意識しています。関係性が出来ると無二の友になります。太古の昔から人と共に暮らしてきた馬、人馬一体になって走るのは格別のものがあります。慣れてくると、手綱や足ではなくて骨盤底で馬とコミュニケーションするのです。一体感を感じます。動物と一体になるなんてあまりない感覚です。

 

 

さて、動物つながりで、話は変わって我がホームタウン代官山のカフェKyogoには、フクロウがいます。

照れ屋で可愛いです。

フレンチブルドッグ

きつね