ロルフィングの感想・セッション1(30代、俳優)

ロルフィングの簡単な説明の後、施術へ。

 

今回は『呼吸』。

今まで演技をしてきて呼吸には気を使うようにしていた。緊張すると呼吸が浅くなりイマジネーションが低下してしまうのを感じていたし学んでいたから。

 

なので横隔膜のリラクゼーションやその周辺の筋肉の柔軟性が必要なのは理解していた。でも呼吸は横隔膜だけで行なっているのではなく全身の筋肉に呼吸筋が存在しているのを初めて知った。

 

今まで整体すら行ったことがなくどんなことをされるのかと少し不安の中、ベットに。仰向けの状態で右の肩甲骨周りから背骨の右側と鎖骨の上辺りを軽く触れているぐらいの力で外側に手を移動していく。

 

触れていたのは、感覚的に短い時間だった。

吉田さんが

『体感どうですか?』というので目を開けると自分の体の右側だけ知覚空間の広がりを感じる。

右側だけ広がっているから左側の狭さがより一層強く感じる。

『今までこんな狭い空間で生活してたのか、今までなんて狭い演技をしていたんだ!』

次に左側を施術。

やはり軽く触れているぐらいの力。

そして目を閉じているのに左側の空間が広がっていくのを感じる。

 

目を開けると左側の空間が広がったのはもちろんだけど全体の空間認識が濃くなった感覚になった。

初めての感覚。

そしていつも手を挙げていた時にあった肩口周辺にあった変な詰まりもない。

 

立ち上がるといつもより視界が広くて高い。

身長が伸びたんじゃないかとすら感じる。

帰り道、新しい感覚が楽しくてニヤニヤしている自分。

 

家に帰るといつも座っている椅子の違和感。

クッションの位置がいつもの位置だと違和感がある。

いつもより背筋を伸ばすような姿勢でないとむしろ苦しい。

翌日、朝起きると鎖骨の下辺りが筋肉痛に吉田さんに聞いてみたところ

『胸が開いたことによって普段使っていない筋肉を使ったから』とのこと。

 

新しい発見が体にすぐに出るので面白い。

ロルフィングの感想・セッション2(30代、俳優)

前回は視野が広がって少し背筋が伸びた感覚に驚きました。

今回は2セッション『下半身』がテーマ。始めに足に怪我をしたことがあるかを聞かれ、サッカーをやっている時に別の時期に両足の甲を剥離骨折したのを伝える。

 

少し歩いてみてください。と言われ何も気にせずに歩く…。

吉田さんに『たまに膝痛くなるでょう?』と聞かれた。

確かになんの前触れもなくたまに膝が痛くなってシップを貼ることがあった。どうやら足の甲を痛めた時に膝やモモの外側を使って歩いていたようだ。改めて歩いてみて外側にフラフラしてる感覚があって安定感が低く感じる。

 

施術開始。

足を重点的にやるけれどやはり前回同様触られている感覚。

施術が終わると足が軽く胸から歩いてる感覚。今までは骨盤から下を動かしてモモを使っている感覚だったので姿勢の本とかに書いてある胸から歩くようなイメージを初めて実感した。

新感覚!

 

そのあと椅子に座り骨盤を動かす動きをしていた時、大腰筋が弱いと言われ家に帰ってから広背筋から下の辺りが筋肉痛になって今までこの筋肉がサボっていたんだなぁと感じた。自分の体を上手く操れているつもりでいたけど自分の体のことを知らずに知っていることでしかコントロールしてなかったんだなぁ。

そしてまた背が伸びた感覚に。どこまで背が伸びるのだろう。

ロルフィングの感想・セッション3(30代、俳優)

今回はセッション3『身体の側面の広がり』

 

過去2回のセッションで上半身の広がりと下半身の安定性がついたので日々の生活が変化していた。

 

例えば僕はかなりの猫背だったのですが今まで開いてなかった筋膜が開いたことによって今までの猫背の姿勢でいることの方が違和感が生まれていた。

 

今回は側面。

 

身体の側面を意識したことが全くなかったので何をやるのか検討がつきません。

 

セッション開始。

 

まずは両方の側面の広がりを確認。

 

初めて意識する身体の部分なので広がっていないのがよく分かってこれがどうなっていくのか楽しみになった。

 

右側の側面がより広がらない感覚だったので右側側面から始まった。

 

左側を下にして右側を施術していく。

 

でもいつもの通り施術と言ってもゆっくりじんわり触っていく感じ。

 

そして意識してなかった箇所だっただけに広がりをすごく感じる。

 

吉田さんに痛かったら言ってねと言われたけれど痛くなく気持ち良い。

 

右側が終わって少し立ってみると右側だけが広がっているせいか少し安定性がなくフラフラする感覚。

 

そして左側の施術。

やはり広がっていく感覚が心地いい。

 

そしてまた立ってみる。

 

バランスが安定してすごく安定性が増している。

 

そして過去二回で得た感覚がまとまった感覚。

 

施術終了後に、1回目の時の写真と今回の写真を見比べると,体全体が上に上がっていて逆三角形になっていた。

3回でこんなにも変わるのか…。

 

翌日、施術を受けた左右の側面の筋肉痛を感じて自分がどれだけ側面の意識がなかったのか再認識できた。

ロルフィングの感想・セッション4(30代、俳優)

今回はセッション4『足の内側、骨盤底』

 

セッション3までで今までの姿勢より良くなって来ているのを実感しているし少し背が伸びたような感覚に毎回なっていたので今回も楽しみにしていました!

 

今回は脚の内側。

 

僕は普段、歩き始めの一歩目を出すときに1度右に体重移動してから歩き始める癖があったり、ランニングしたりすると内股なのか左足で右足の内くるぶしを蹴ってしまって痛めることがよくあった。

 

そのことを伝えてから吉田さんに歩き方を見てもらう。

 

やはり一歩目が右に体重移動してしまう。

 

足の長さが違うのかと思うぐらい。

 

確認していただいてから施術開始。

 

まずは左側の内腿からふくらはぎの方を施術してもらった。

 

下半身の内側の筋肉はあまり気にしてなかった筋肉なので改めて刺激を受けると新鮮な感覚で気持ちが良い。

 

左側の施術が終わって1度立ち上がってみる。

 

施術されていた左の下半身だけ太くなった感覚に。

けれど軽い。

 

密度の濃い軽い丸太のような足の感覚。

 

片方だけなので歩くと施術していない右足との密度の濃さが全く違う。

 

次に右側の施術。

 

やはり左足同様右足も新鮮な感覚で気持ちが良い。

良すぎて眠ってしまった。

施術が終わってから寝ていたことに気がつく。

 

そして立ってみると右側も密度が増したおかげで地面に大きな根を張っているようで下半身で感じれる範囲が広がったことで安心して歩ける。

 

太い感覚を感じていること伝えると、『骨盤が開いたから、足全体の筋肉が使えるようになった』のだそうだ。

 

翌日、少し内ももに筋肉痛を感じた。

 

歩き方にも変化が出て普段使っていない筋肉も使うようになったみたい。

 

ランニングする際もくるぶしを蹴ることもなく走ることが出来て下半身の安定で走る時の安定感が増した!!

ロルフィングの感想・セッション5(30代、俳優)

セッション5『腹部の空間の確保』

 

始めのカウンセリングでロルフィングではコア、一般的には『腹筋の辺りのインナーマッスルですね。』と吉田さん。

 

インナーマッスルという言葉はよく聞いたことがあったし、自分でもどうにか意識出来るようにサッカー日本代表の長友選手がやっているような体幹トレーニングを見よう見まねでしばらくやっていた。

 

けれどインナーマッスルを意識することは出来ず体幹が鍛えられているのか分からずにいました。

 

セッションが始まり、まずは左側からやってもらう。腹斜筋や腹横筋といったお腹の横の筋肉の空間を意識してなかったので縮こまっていた。

その空間が拡げていくような感覚。

 

身体の左部分の空間がどんどん拡がっていき気持ちも余裕が出てきて穏やかになっていく。

 

左足が伸びていく感覚もあった。

 

実際に足を伸ばしてみると本当に左足だけ伸びている!

 

左側が終わって

 

『1度立って歩いてみましょう』

 

ゆっくり立ち上がると感覚的に左の方が広くアンバランスな感じ。

歩いてみると左足だけ腰より上の辺り(肋骨の下辺り)で歩いてるような感覚になる。

アンバランスな感じで少しヨタヨタした感覚だったので右側もお願いする。

 

右側も終わり、再度歩いてみると…。

 

実際に空間が拡がっているので歩きやすい!

 

いつも足で歩いているのが当たり前だったけど今は胸から動いて歩いているように感じる。

 

良くモデルさんとかが言っている『胸から歩くような感覚で歩く』というけどその感覚を初めて味わった。

 

セッションを受けてからまた少し歩幅が大きくなってそれによって大きく細やかな動きを意識するようになった。

 

いつもより伸びやかになったので気持ちにも余裕が出て今まで気づかないようなことにも気づけるようになった。

ロルフィングの感想・セッション6(30代、俳優)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はセッション6『背骨、仙骨の自由な動き』

 

普段、僕は生活している中で歩いている時に背筋を伸ばして歩こうと意識するぐらいで後ろに意識があまりなかった。

 

今回の10セッションを行う時に1番気になっていたセッションだった。

 

まずはいつもの通りセッションに入る前にカウンセリング。

 

まず自分の中で自然な歩き方をしてみる。

 

 

『俳優さんだし、腰と肩に動きが出てくると自然な表現力が出てくるかもね』と言われる。

最初、どういうことなのか分からなかった。

 

というのも僕は動かさないで歩くものだと思っていた。

 

そうではなく元々歩く際に多少腰や肩が揺れることによってバランスをとっている。

 

モデルさんが腰を揺らして歩くようなイメージ。

モデルさんの歩き方は綺麗に見せる部分もあるようなので一般の人とは少し違うがでも一般の人も少なからず揺れている。

 

その揺れが僕は全くなかった。

 

セッション開始。

 

今回は体の後ろなのでうつ伏せの状態で行っていった。

 

うつ伏せの状態で足を立てて足上げる。

 

右は普通に動かせるけど左足は背中も一緒に動かさないとあげられない。

 

これは足と背中がくっつくようになってしまって背中を動かさないと足が動かせない状態だった。

 

なのでまずは左側から開始。

 

いつもの通り少し触られているような感覚だけで時折吉田さんが『痛かったら言ってね』と言ってくれましたが痛い感覚はなく気持ちが良かった。

 

左側が終わって歩いてみる。

 

左側だけが横揺れする。

 

今まで感じたことのない感覚で歩く時にこんなに揺れて良いもんなんだと少し心配になるぐらい揺れている。

 

そして左側だけが揺れているので右側が固まっているのがすごくよく分かる。

 

そして右側もやってもらう。

 

その際、右側も左側も背中の筋肉が固いと吉田さんに言われたが自分では今まで意識したことがなかった。

 

そして右側も終わって歩いてみる。

 

凄い揺れる。

 

今までどんだけ固まって歩いてたんだと思うぐらい揺れる。

 

でも今までのセッションで下半身や上半身のニュートラルをやっているので無意識にバランスがとれているのか倒れたりするわけではなく揺れているけど今までで1番歩きやすい。

 

全身で歩いている感覚。

 

 

セッションの次の日、左足が少し筋肉痛に。

今まで右足中心で歩いていたから左足も使って歩くようになったから筋肉痛になったんだなぁ。

 

でも意識して左足で歩いてるわけではないからその筋肉痛を感じて

 

『人の体って不思議だなぁ』

 

と改めて感じた。

ロルフィングの感想・セッション7(30代、俳優)

セッション7『首、頭の解放』

 

今回は首から上の部分。

 

セッションに入る前にカウンセリング。

 

僕は昔、顎関節症になったことがあり顎関節が弱い感覚があった。

今でも疲労が溜まったりすると顎関節が開けづらいことがあった。

 

まずはウインクをしてみる。

 

右側の方が力を入れないとウインク出来ない。

食事の時に左側の奥歯で噛む癖がありそのせいで右側の筋肉が少し弱っているよう。

 

次に首を右に左に動かしてみる。

今度は左側を向いた時に右側の首のあたりに張りを感じ向きづらい。

『首の骨は7つの骨から出来ていて、上から順番に動かすようにして見てください』と吉田さん。

言われた通りにやってみると張りは少し感じるものの向きやすくなった。

意識することによって骨を意識的に使うようになった。

意識するということは簡単なことだけど何に意識を持っていくかでこんな感覚にもなれる。

 

セッション開始。

 

今回は首から上なので顔を重点的に行った。

 

顔の表層部分だけでなく口の中の筋膜も開いていく。

 

歯の上や頬の内側、舌の下の部分。

 

普段、全く意識していない部分をやることで意識化されていく。

 

なんだか気持ちが良い。

 

口の中の施術が終わって口の中の感覚を確認すると口の中が広がったように感じ、口が大きくなったように感じる。

 

僕は元々口の中をよく噛んでしまって口内炎を作ってしまう。

でも今は歯と口の中の皮膚が離れているので噛むことはなくなりそう。

 

セッションが終わってセッション前後の写真を見せてもらうと顔がしまっていてスッキリした顔をしていた。

目も左右の大きさがバラバラだったのが同じ大きさになってる。

これからも噛むときは両方の歯を使ってバランス良く噛もうと思った。

ロルフィングの感想・背骨の解放ワーク(30代、俳優)

今回は背骨への解放ワークを行った。吉田さん言うところの『CKワーク』というセッションを受けた。

 

前回背中の骨がストレートのところがあると教えてもらったので今回は背中を中心にしたワーク。

背中の骨と骨の間で動かしにくいところを開いていくことにより、いつもより少し深い層の動きの柔軟性がでてくるのだという。

 

自分の深層の部分は意識したことがなかったので少し不安もあった。

 

始まる前に

『今回はいつもより深層にいくのでしずかに行いますが、寝てもいいけど、もし寝ないでいれるなら、ギリギリのところで頑張ってください、たまに声かけますね』と吉田さん。

 

正直、感覚的によく分からなかった。 

まずは立った状態ロールダウン。吉田さんが指で触れた部分を首から背骨を前に倒していく。1つ1つの関節をゆっくり曲げていく。

 

『ここら辺感じにくくないですか』と吉田さん。確かに他の場所に比べて感じにくい固い部分がある。合計3箇所あった。

 

首の下部分・背中の真ん中・腰

 

この3つの部分を触れられた時にどうやってそこの部分だけを曲げたら良いのか分からず触られている部分より下の部分も一緒に動かさないと曲げれなかったりした。

 

次に仰向けで寝てみる。

 

『何か感じますか?』と聞かれたので

 

感覚を背中に集中すると…

 

左側の背中と腰からお尻の上の部分が浮いていた。

 

それを告げるとまずは足からセッションが始まった。

 

腰に吉田さんの手が入りセッションが始まった。ガクンといきなり眠くなる。ロルフィングのセッションというのはどうしてこうも眠くなるのだろう。

 

軽く触れるようなタッチで吉田さんは触れていく。

足と腰の辺りのセッションが終わると腰からお尻の部分がしっかりついている。

 

次に背中。

 

背中を行なっている時にフワフワとした気分になり寝そうになってしまう。

 

そこで始まる前に言っていた吉田さんの言葉がよみがえる。

 

『寝そうになってもギリギリのところで頑張ってください……。』

 

これのことか!!!

 

何度か寝そうになるのと深層の部分を行ったり来たりしてるうちに終了。

 

吉田さん『今回はいつもより深層部分に行ったということもあっていつもよりゆっくり立ってください。』

 

いつもよりゆっくり立ってみる。

 

いつものセッションだと空間が拡がった感じが強かったけれど今回は空間はそのままに自分が小さくなったような感覚になる。

 

いや、自分は小さくなってないけど、中に小さな何かがあって質が濃くなったような感覚だ。そして体が一つにまとまっている。新しい感覚だ。

 

今までは心がオープンになるのが見られているとか見透かされているような感覚があって少し恥ずかしかったりした。

 

でも心のもっと深いところにコアがあることによって

『心はオープンでもいいや!』って気持ちになった。

 

自分が『キュッ!』と締まった感覚だ。

 

今までのセッションにはない感覚で面白い感覚。

 

1週間後にあるセミナーに参加しましたがいつもなら話を聞いて帰ってしまうのだけれど今回は積極的に周りの人に話しかけたり写真を撮ったりしていた。

 

いつもなら閉じこもっていたのに…。

 

なんだか今回はオープンになれてる自分がいた。

 

 

ロルフィングの感想・セッション8(30代、俳優)

『下半身の繋がりと統合』

 

これから3回で、今までやって来たセッションを統合していく。

 

まずは立った時の呼吸の状態と座った時の状態で違いがあるかを調べる。

 

僕は立った時よりも座った時の方が呼吸しやすかった。

立った時は呼吸が足の付け根の辺りで止められているような感覚があり、上手く呼吸が出来なかった。

 

『本来は立っている時の方が呼吸しやすいんだけどまだ下半身に何か体が自由になるきっかけがありそうですね、それを今回は探っていきましょう!』と吉田さん。

 

『太ももはどんな感じがしますか?』と聞かれた。言われてみると僕は常に太もものどこかしらが筋肉痛のような筋肉の張りを感じていた。良くランニングなどの運動をしていたのであまり気にしてこなかった。

 

そのことを伝えると

『太ももは、意識で動かせるから、つい使い過ぎちゃうよね。頭で考えて歩こうとすると、どうしても太ももから動こうとしてしまうでしょ?そういう人は太ももに張りを感じることが多いね』と教えてくれた。

 

確かに最近、色んな情報をインプットして自分なりに考えることが多い。考えて動くというのは、動きの中では、体の動きを制限していく動きであること。言葉では分かっていたけど、こうして体で感じながら体験すると、すっとイメージが湧きやすい。

 

左足の方が張りが強く感じたので左足からセッション開始。

 

吉田さんに『ももの力抜いて』と言われるが、どうやって力を抜けば良いのか分からない!

それでもなんとか力を抜いたがまだまだ入っている感覚が残ってる。

施術を進めていくと、セッション中、ももの張りが取れていくことによってどんどん可動域が上がっていく。

 

左足が終わって立ってみる。

 

左足が軽いし歩くと可動域が広くなってるので歩くのが楽になっている。右足が遅れてついて来ているような感覚になる。

 

次に右足。

 

左足同様、力が抜けない。

 

『こんな力を入れて日々を過ごしていたら筋肉痛ぐらいなるよなぁ』と心の中でしみじみ思う。

 

右足も終わって立ってみる。

 

歩いてみると今までの歩き方と違って太ももに負担がかからず歩ける。

 

帰り道、歩いているといつもより太ももに力が入ってないのが分かる。

今までどれだけ無駄な力を使って歩いていたのか…改めて考えさせられた。

 

 

ロルフィングの感想・セッション9(30代、俳優)

今回はセッション9『上半身の繋がりと統合』

 

前回は下半身を統合して今までの自分の歩き方や歩いている時の力の入れ方が違うことに気がついた。

今回は上半身。

 

セッションの1週間ほど前に右の肩甲骨の下の辺りを痛めてしまいまだ少し痛みがある状態でのセッションでした。まずはそのことを吉田さんに伝えてからセッションに入っていった。

 

椅子に座った状態からベッドの上を手でクロスするように伸ばしていく。

 

左手はしっかり伸ばせるのに右手は上手く伸ばせず伸ばす際に少し詰まりを感じる。

次に吉田さんに背中の広背筋の辺りを開くようにしてもらうとゆっくりではあるけど少しずつ伸びるようになっていく。

 

次に壁に手を広げてつくようにする。

左手は上手く空間なく開けるけど右手は上手く開くことが出来ず隙間が出来てしまう。

無理やり壁につくようにすると手首の辺りが痛い。

手首から肘にかけての筋肉が開いていなくて余計な力を使って開こうとしているようだ。

 

一通りのセッションが終わって立ってみると上半身がいつもより軽く歩いてみると上半身に揺れを感じる。

 

揺れと言ってもフラフラしている感覚ではなく立体的に体が揺れることで上手くバランスを取っているような揺れで今までこの揺れの感覚がなくゆれることなく歩いていた。むしろフラフラ揺れることはいけないことがと思っていた。

 

前回の下半身の揺れ(特に骨盤)と上半身が揺れることで自然と上手くバランスを取って歩いているので歩きやすい。

 

そして気がつくと右の肩甲骨の下の辺りが痛かったのがなくなっている。そのことを問うと『ニュートラルに戻れば、痛みや違和感自体なくなってしまうことが多い』と吉田さんは言う。

 

セッションが終わって1週間経って感じたことはいつもより疲れるところが変わった。

というよりも疲れるところが分散されて

より楽になった。

筋トレをしても同じメニューなのに筋肉痛になるところが変わった。

これは体が正しい位置にあって筋肉の使い方が正しく行われたことで起きたことだろう。

今まであんなに一生懸命筋トレをして来たけどこんなにも筋肉の使い方が変わっていくとは思わなかった。

ロルフィングの感想・セッション10(30代、俳優)

今回はセッション10『全身の統合』

 

今回は今までやってきたセッションを全身につなげるセッション。

 

足底からの繋がり、前の面、横の面、後ろの面、コアの繋がりなどセッションに入る前に今までやってきたことに関して振り返らせてもらった。

 

感覚として上半身よりも下半身の緩みや開きが感じてなかったのを伝えると『今回は下半身を中心にやって行きましょう』ということになった。

 

昔から足首の柔軟性がないのを感じていて踵をつけたままで座ることが出来ず無理に座ろうとすると後ろに倒れてしまうほど足首が硬かった。

 

まずは左足のふくらはぎから足首にかけてを開いていく。

 

セッション中、スネの辺りがビクッとなって隙間が出来たような感覚になって空間が出来たおかげなのか下半身が太くなっていくような感覚がある。

 

左足を終えて立ってみるとやっぱり左足だけ太い。

というよりも右足が細く少し心許ないような感覚になり歩いてみると右足で歩く時に不安定な部分があって少し不安になった。

左足の時には太くなって質量が上がった感覚があるので安心感がある。

 

しかしアンバランスなので歩くという行為には不安が残っている。

 

次に右足を行う。やはりやっている最中にスネの辺りがビクッとなり開いていっているのが実感できる。

 

立ってみると根が張っているような重厚感が下半身に存在している。

歩いてみると足首の柔軟性が上がったので踵から爪先までしっかり使って歩けている。

足裏全体で歩けるようになったおかげで推進力が上がり安心感がある。

そして前のセッションで、骨盤の揺れが、出来るようになっていたのでそれとも相まって重厚感はあるけれど軽い感覚でしっかり地面を歩いている。

 

歩いてる際にも今までよりもっと見えているものの濃度が上がって明るくなっている。

今までどれだけ足首を動かさずに歩いていたのか実感させられた。

 

今日もまた今までと質の違う別の体と、全身で動く感覚を感じた。

統合し、ニュートラルになっていくというのは、身体的な体感と動きによるさまざまな気づきが、交互に押し寄せて来る。

体って面白い。