学び。そして気づき。

千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物を訪れて来ました。日本の歴史・文化の流れの中から重要なテーマを選び、生活史に重点をおいて構成しています。実物資料や複製資料、復元模型なども多く、眺めているだけでも楽しめました。

 

ネット時代になり、情報の流通が爆発的に増えた現在の情報化した生活環境に置いて、自分が今どこにいて、何をしているのか。どこへ向かっているのか。

よくわからなくなっている人が多いです。自分軸が大切だと言われる時代、軸となることを立体的に捉えるためにも歴史的な見地が入るとより、軸が明確化していくのではないでしょうか。

 

歴史に学ぶこと。歴史的な事実だけでなく、歴史に現れる人間の行い、発想の中に今の自分の生活の在り方を再確認できるよい場所だと思いました。またこういう場所はデジタル情報化されたコンテンツを読み解く生活や動きの中での文脈を多く発見できる気がしました。どうしても一元的な意味に我々は囚われやすくなっているのだと思います。日本人の持っていた生活の工夫や美意識の蓄積の中には、まだまだたくさんの在り方の可能性を感じてやみません。動きという身体性の展開は、動的な理解も伴って、多くの気づきも与えてくれるもの。他の時代の人の動き、人の生活の中にある発想や意図に触れることは、今、ここにある自分自身の統合的な理解にも繋がる気がします。

 

ロルフィングは体に関する統合的な知性でもあります。頭で考えた知性ではなくて、知覚や身体知性で体現をしていくこと。体現的な理解は、言語的な理解を超えて、自分自身について教えてくれます。頭の中だけで現実は動いていかないのだと思います。例えば新しい身体軸の発見は、どんな言語的な理解を超えて、「今ここ」にあるという体感の知覚を呼び起こし、身体的な気づきが起こってくるダイナミックな体験だと言えるのです。

 

2018 テーマソング・NaomiOn  とうめいなからだ

◎pick up

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト