身体的な症状や違和感が実際は、意識や心の状態のバランス、また無意識化している葛藤やブロックが、身体的に現れてくることもあります。それは、人間関係や環境が変わる時に、突如現れてきたり、人生の中でのタイミングでのアウェアネス(気づき)へのシグナルであることもおおいです。

あなたをずっと身近でき守ってきた体からのメッセージを聞く機会として、あるいは、神経や、発想のバランスをとる機会として、またブロックや思い込みの気づき、自分らしさへのアウェアネス(気づき)や、生き方の模索など、心と体の間にあるモヤモヤや違和感を体へのアプローチで向かい合い、ディスチャージし、自分らしさの再構築していきます。

 

一回一回でなく、決まった回数のシリーズで行うのは、体は、頭で思うほど単純でなく、多元的で多層的なバランスで成り立っているからです。自分も心地よく、周りの人に、楽で好印象の自分の在り方を模索していきます。