TE2ボディワークス/ロルフィング®青山・表参道

 

 

カラダはもっと自由になれる。

カラダが変わると人生が変わる。

あなたに眠ってる表現力、創造力を手にしよう。

 

 

痛くない優しいタッチの筋膜へのアプローチで自由な体へ。

固くなった筋膜や癒着した筋膜は、体の動き癖を作り、体の動きを制限、抑制していきます。筋膜を緩める。リリースする。繋げていく。そして整えることは、これまで諦めていた体の症状や癖を手放すことにも繋がります。

TE2ボディワークスの施術は痛くない優しいタッチの筋膜への施術です。日常生活での体の動きが楽になり、マッサージや整体に頼らない、「使いやすい、長く使い続けられる体」に変身させてくれるでしょう。

ヨガやピラティスの先生方、ダンサー、モデルや俳優、パフォーマンスされる方等、体を使って自分を表現されるプロの方からも支持されているアメリカ生まれのボディワークです。

筋膜はリリースする以外にも色々な可能性があります。血管や神経系、内臓や頭の中、そして顔の深層筋膜など、身体中は筋膜で繋がり我々の体を安定させています。

筋膜の特性を生かしリリースし、そして筋膜ネットワークとして調和する方向へ整えることで、違和感や不快感が軽減していきます。加えて姿勢改善や、動きやすさ、楽な体感、安心感などさまざまな効果があります。そしてアプローチは無意識下に入るので効果は長い間続いていくのです。

こんな方にお薦めします。

○繰り返し痛めてしまう腰、肩の痛み、コリ等、慢性的な不調、体の違和感から脱却したい。 

○取り組んでいるスポーツや身体技法の表現力をつけたい!今後も続けていけるロングライフな体を目指して。

○使いやすい体であるために。自分の体といい関係を作りたい。ニュートラルになりたい!

○自然や地球(重力)と調和した自然な体になりたい。 自然体になりたい!

○整体や接骨院、整形外科に通ったが体がしっくりしない人。薬から脱却し、自然な方法で体や心を健康にしていきたい人。



主な効果

(代表的な効果) 

○呼吸が楽になる。深くなる。

○筋膜が緩み、柔軟性を増す。

○慢性的な肩こりや腰痛の原因になる、姿勢の歪みや動き方の改善。

○姿勢、体の動き、ボディラインが美しくなる。

○インナーマッスルの感覚が付く。

○身体パフォーマンスの質が変わる。

○過度な緊張が緩和され、リラックスしやすくなる。

○コリやハリが減り、疲れにくい、楽な体になる。

○体の縦軸、横軸の感覚が付き、体のバランスが良くなる。

○コラーゲン、エラスチン繊維を刺激、つや、ハリ、みずみずしさが蘇る。

○表情や仕草がやさしく穏やかに。

○顔のパーツがスッキリ。目鼻立ちがハッキリ。顔のバランスが整う。

○内臓の調子が良くなる。

○グランディング感覚が付く。

○歩き方が変わる。

○姿勢が良くなる。

○身長が伸びる。

○五感の働きが良くなる。

○空間認識、視野が広がる。

○自分の体の癖や特徴に気が付くようになる。

(※効果は施術により違います。また個人差があります。ご相談ください)

○リンパ体系の状態改善。

○全身で動く感覚が付く。

○体の循環系、神経系、神経系での不調和が改善する。

体の変化に伴いメンタルの違和感改善事例も数多くあります。

○副交感神経が働き、自律神経系が安定化。気分や心理状態が落ち着いてくる。

○うつ症状、パニック障害、精神的な不安定状態の改善。

○長年のトラウマや症状の改善。

○変わりたい方。人生の節目、再出発の時。本来の自分らしさを取り戻したい時。


infomation

メールマガジン登録再開

システムの関係でメールマガジン休止していましたが、10月より復活します。新規登録も再開します。メールマガジンでは、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。この機会にぜひご登録(無料)ください。

メモ: * は入力必須項目です

ロルフィング体験付き説明会実施します。

秋のロルフィング体験付き説明会を実施します。興味がある方、躊躇されている方はご利用ください。

 

内容

ロルフィングについての説明

ロルフィングに関する質疑応答

ロルフィングセッションデモ

 

日程

10月2日(日)16時半〜、20時〜、21時〜

10月3日(月)16時〜、17時〜

10月4日(火)13時〜、14時〜

10月9日(日)15時

参加費1,000円

各回3名まで。

 

 

参加ご希望の方はお名前、性別、人数を明記の上メールにてお申し込みください。 

te2bodyworks@gmail.com  

 

なお個別説明会も実施しています。(10月30日まで)

こちらは体験セッション付き(3,000円)。ネット予約からお申し込みください。

 

 

 

interview

クライアントインタビュー ayaさん 【パフォーマー&ダンスインストラクター】

以前よりずっとハードに動いているはずなのにで、その割に体の調子がいいです。全体的な印象として、施術前より疲れにくくなったこと、そしてグラウンデイングの安定感の向上を感じています。

プロフィール

ラテン音楽、ラテンダンスに魅せられ、アルゼンチン・キューバ・ニューヨークへ度々渡航。

現地の文化に触れ、ラテンダンスの真髄を学ぶ。2012年より、ポールダンス・エアリアルフープ・エアリアルハンモックを始めると同時に、フレキシビリティトレーニングを開始。身体能力&パフォーマンスの可能性を広げるべく、日々 研究中。

現在、都内のスタジオにて、エアリアルフープ・サルサ・サンバ・ラテンムーブメント・バーレスクダンス等のインストラクターを務める傍ら、国内外のラテンイベントやクラブイベント、その他パーティでのパフォーマンス、ショークラブ等で数々のステージに出演。ここでayaさんに会える!→ スタジオPolish 

 

Q10シリーズ後、しばらく時間が経っていますが、その後、体の調子はいかがですか?

 

A 以前は定期的に針やマッサージに通っていたのですが、ロルフィングを受けてから、整体、マッサージに行かなくなりました。最初筋膜ってあるんだーってくらいだったのですが、筋膜を整えるのは本当に大事だってって最近つくづくと感じています。10シリーズから時間が経っていますが、グラウンディングや筋肉疲労の度合いが違うように感じています。

 

またエアリエルを教えるようになって以前よりハードに動いているはずですが、その割に体の調子はいいです。全体的な印象としては体の疲れ具合や、グラウンデイング感覚の違いを感じています。一番最初に伺った際、タンゴをやっているせいか、決まった基本ポジションでの左側への体のズレを写真で見せられて、びっくりしたんです。自分でも気がつかなかったけど、軸がずれていたんですね。セッションを進めていくにつれ、軸でのズレが無くなっていったのにびっくりしました。

 

踊る上では筋膜という意識は今までなかったのですが、筋膜の施術って受けた後の感じが面白くて、骨から広がっていくような不思議な感じがします。あと空間の感じ方、体で感じている空間の広がりが広くなった気がします。エアリアルの先生に言われたのですが、「パフォーマンスは視覚に頼るな」と。動きには視覚は必要なんですが、視覚がメインになるとやはりいいパフォーマンスはできません。以前TE2さんに、平衡感覚の話を伺った時にも、視覚は補正で、体性感覚と三半規管が大事だと聞いた時もすっと腑に落ちました。

 

体の制御する上での身体感覚にも筋膜の知覚って大事なんだと思っています。TE2さんは、施術中の話の中にも、筋膜や動きに関する気づきや新しいアイデアのヒントがあって楽しく受けれると思いますよ。

 


ロルフィングの感想【N・Sさん・30代・主婦】

一番印象的だったのは、体の側面をして頂いた時、あばら骨からわき腹まで触られると、いつも痛かった場所の緊張がすーっと解けて痛みが和らぐとともに、すごく呼吸が楽にできるようになりました。これは大げさに言っているのではなく、本当に、生き返るような感じがしました。

 

 

 

 

●ロルフィングを受けた経緯。

私はずいぶん前から体の具合が良くなかったのです。とうとう8年ほど前に倒れ、しばらくの間、家の中で這いつくばるような生活をしていました。

その時ネットでロルフィングの存在を知ったのですが、そのときは通う力も無く、また金額的なこともあり断念。それから、色々な療法を試みましたが思うようにいかずじまいでした。

それでも時間が経過し徐々に寝たきりから座れるようになりそして歩ける程度には状態が回復してきて、少し意欲が出てきたとき何か無いかなとネットで検索した所、再びロルフィングを目にしました。そして、いろいろある中で吉田さんにお願いするきっかけは、なんとなくピーンときたのです(笑)

今にして思えば、色々な療法を試して散財するよりも、ロルフィングを最初から受けていたほうがずっと安上がりだったなぁと思っています。

 

 

●ロルフィングをどう思いますか?

 ロルフィングはある意味、施術自体ちょっと不思議?といった感じです。今まで受けて来たいろいろな施術のどれとも違いました。

 

 

●10シリーズの感想。

ロルフィングで自然な状態の体が分かり始め、これまでいかに体を無理やり動かしたり、必要ない部分で体を力ませたりしていたかが良くわかりました。

10シリーズは、1回目よりは2回目、2回目より3回目と、回を追うごとに体の変化が感じられて、毎週通うことが楽しかったです。

 

 

●一番印象的だったセッション、その理由。

 何度目のセッションだったか忘れましたが、体の側面をして頂いた時です。あばら骨からわき腹まで触られると、いつも痛かった場所の緊張がすーっと解けて痛みが和らぐとともに、すごく呼吸が楽にできるようになりました。これは大げさに言っているのではなく、本当に、生き返るような感じがしました。

 

 

●ロルフィングを受けたことで変化したこと。

 生活の中で役に立ったこと。変化したことをあげればきりが無いです。ロルフィングによって私の体は生まれ変わりました。

例えば、今まではベットで寝るにしても、仰向けは背骨が痛い、横向きはめまいがする、うつぶせはあばら骨が痛いしもともと息苦しいのにもっと苦しくなる、ふくらはぎがつる、伸びをすれば体のどこかがつる、など、体中が痛い、苦しい、辛い状況だったのです。こうした状況がロルフィングによって無くなり、普通に寝られるようになりました。息も意識せずに普通に呼吸できるようになりました。

私の場合、元がひどすぎたので、普通の方からすると、おおげさに聞こえてしまうかもしれません。(多分普通に近づけたんだと思います。)

その位、悪い状態から脱出できた気がしています。

 

 

●ロルファーTE2についてコメント。

 TE2さんは説明がとてもわかりやすいと思います。

セッションのその都度その都度、よく話を聞いてくださるやさしい先生です。

 

 

 


pickup blog

ストレスに負けない体

ストレスに悩む人は多い。ストレスというのは無意識に受け取っているので、体に支障が出たり、違和感が出てきて変調に気がつくことも多いと思います。さらにそれでも自分を過信し、違和感や支障が痛みや症状になってようやく対処することも現実問題あるでしょう。

 

しかしその無意識化の習慣や癖を取り除かないと、また同じことを繰り返してしまいます。その繰り返しの中に、構造や臓器にも支障が出てきて、病院のお世話になることある。たかがストレス、されどストレスです。

 

ストレスに良いとされることはよく紹介されます。例えば

瞑想。最近ではマインドフル瞑想というのが流行りです。それ以外にも運動、ストレッチ、散歩も良いでしょう。またコーピングと呼ばれる自分のストレスをモニターし、それへの対処方というのもあります。

 

僕のやっているロルフィングは、ストレスに対してどういうポジションかというと、ストレスに感じている体、違和感の感じている体自体を変えていくものだと言えます。自分を変えることが自分でできなくなっている体に、適応力、調整力をつけていくことです。体に対する意識も大きくなるので、考えるでいっぱいの頭に対して、風穴をあけるようなことでもあります。

 

ストレスと戦うのでなく、ストレスを受け取っても許容できる自分になる!ってことなのです。自分を固定しているとなかなかできない変化なのですが、それが体からのアプローチだと、不思議と自然に変化していくことができるのです。健康というのは、何かを高めて達成することでなくて、許容範囲にバランス良く自分を置いておける調整力であることだと理解してほしいと思います。

その他、BLOGページへ