ロルフィング® 渋谷・表参道

カラダを変える。カラダから変わる。

アメリカで誕生した体をニュートラルに整えるロルフィング®️の持つパワフルなコンテクストを活用したホリスティックなボディワークセッションを提供しています。ホリスティックな技法で、心身共にズレや歪みのないニュートラルな状態へとシフトしていきます。

 

混迷した社会や環境を有機的に生きていく心地よいあなたらしい体と気づきを受け取ってください。

既存のやり方、自分の考えでの違和感、痛み、辛さから抜け出す、体からの潜在力と可能性、無意識アウェアネスを引き出すボディワークです。


立つ、歩く、日常の動作がナチュラルに。

『外を歩くことが多い仕事なので、セッションを受ける前と受けた後で、歩きに大きな違いを実感できました。とにかく足が軽くなるんです。あと背が高くなり、敷居に頭ぶつけるようになりました。』(20代・男性)  

 

『施術後、10km走ってみて驚愕しました。嘘のように膝痛が軽減されているのです‼これまで膝痛に悩まされ鍼灸、整体、整形外科いろいろ試しましたが、私の身体にはこれが1番合っているようです(30代・男性)

   

ロルフィングを受けると、「立つ」、「歩く」、「呼吸する」、「走る」…といった普段している、日常の動作に革命が起きます。グランディング(安定して着地)した体で、空間、そして環境へ、思いっきり自分を表現して下さい。

不思議。というのがセッションを受けた方からの一番多い感想です。

体の制限や、抑制から解き放たれたあなたの体は、コリやハリ、重々しさなど、今まで感じていたさまざまな不調や不自由さから解放されていく身体を感じて下さい。   

呼吸が楽。動きの表現力が豊かに。

『久しぶりにピアノを弾き始めると、練習もしてないのに個々の指のタッチのコントロールが向上していることに気づきました。アルペジオが弾きやすくなり、弱い音をそっと出すことができるようになりました。(30代・女性)』

 

『ロルフィングは不思議。ボディワークだけど、ただ触れているだけなのに、なんで体の中が変わっていくのか。ほんと不思議。痛みのある人だけでなくて、どんな人でも受けていいんじゃないのかなーって思います。受けたら受けた分、得るものがあると思います。』(40代・ピラティス・インストラクター)

 

 

ロルフィング®の最初のセッションは、呼吸が楽になり、まっすぐ立っていることを実感するところから始めます。そして変化は次第に、身体や動きの癖に変化するように促していきます。一つ一つの動き、表現の質を滑らかに!動きや表現力にゆとりと余裕が生まれます。時に視覚や聴覚といった感覚さえダイナミックに変えていきます。

スポーツや運動されている方でも、体を固めたまま体を使われていることが多いです。伸びやかな体、左右、上下、前後、内外のバランスが整ったニュートラルな体でトレーニングは、筋肉をバランスよく鍛えることが出来るようになり痛めにくい体を作っていけます。

 

カラダがまっすぐ。フラットな自然体へ。

『骨盤のゆりかごの中に自分がいるようです。ただ立っているだけなんですが、この安定感は今まで感じたことのないように楽に立てています。』(50代・女性)

 

『今まで、身体が疲れたりコリがあったりすると、時間をかけて解していく必要がありました。でも、今は、自然と身体が一番楽な形を思い出してくれる感じなんです。』(大倉さん・俳優)

 

「この姿勢で正しいですか?」そんなことをよく言われます。そんな意識して整えた「良い姿勢」って本当にいい姿勢でしょうか。ロルフィングでは、身体が自然に感じる姿勢へ、無意識に出来るあなたの本来持っているニュートラルな体に戻していきます。大地を踏みしめて、空間と繋がった体は、安定感とバランス、そして安心感を取り戻します。重力下の大地に立つまっすぐで、力みの抜けた自然体のご自分の身体を感じましょう!


こんな方にお薦めします。

頑張らなくていい、ニュートラルな身体へ。

○姿勢を改善したい!ニュートラルな体作り。

○繰り返し痛めてしまう腰、肩の痛み、コリ等、慢性的な不調、体の違和感から脱却したい。 

○ヨガ、ピラティスなどで新しい気づき。アーサナ、エクササイズの達成度。

○取り組んでいるスポーツで、長年の癖の解消、懸案の打開、身体的な解決など。

○バレリーナ、ダンサー、俳優、モデルなどの身体表現者の新しい表現力へのヒント、引き出しを増やす。 

○整体や整形外科、病院に通ったが、身体的な症状が残る、手術後にしっくりしない、違和感。

停滞感、転機への突破口として。自分の可能性を引き出す。

○新しい挑戦を始める際に、自分をリセットして新しい自分になる。

○体について学びたい。知りたい。体の声を聞く。

○自分の体を整える。脳の活性化(感覚的な脳トレ、使ってない脳を活性化していく)

○潜在的な意識、自分の無意識に出会いたい。自分の可能性を開いていきたい。

○人生の節目、再出発の時。本来の自分らしさを取り戻したい時。変わりたい方。自分のやりたいことをみつける。

○パートナー、夫婦、親子との関係性改善、新しい関係構築。

心身症や心理的なブロックをホリスティックアプローチで。

○固定観念や昔の自己イメージ。自己嫌悪から離れられない方

○レジリエンス強化。自信をつける。対人関係の改善。

○副交感神経が働き、自律神経系が安定化。気分や心理状態が落ち着いてくる。

○神経症(恐怖症、パニック障害、強迫神経症)

○ストレス反応と心身症(適応障害、PTSDを含むストレス障害、心身症、摂食障害、パニック、鬱や統合失調など)

○ホリスティックな方法論で病院や薬に依存しない体や心を健康にしていきたい方。


contents




最新ブログ

パタゴニアの氷河

 

 

 

 

 

 

  

氷河が人工的な風景のように見えますが、これは自然の意匠による自然の姿です。南米パタゴニアの氷河です。(下の写真は、氷河とMt フィッツ・ロイです。)自然と書くのが不自然な位の大自然です。人為の入ってない自然、表情が豊かですね。

 

今日はグレートジャーニー、旅の実践者、関野吉晴氏のイベントに参加してきました。日本では感じられない大きな力強い自然と、そこに生きる人々の暮らしと生き様を見せつけられました。それにしても関野さん、あの時代にあれだけの旅をこなし、プロデュースしてきた強者、今の時代に同じような人を見つけるのが難しいくらい、只者ではありませんでした。

 

人間も自然の方が表情が豊かなのです。ロルフィング第7セッションでは、鎖骨から上、首、頭を扱います。顎関節、首の深層筋、表情筋や頭蓋を構成する骨や神経、知覚、含めて歪みやズレをニュートラルにしていきます。自然な方へシフトしていき、顔の表情も豊かになります。

 

顎関節の可動域や歪みが自然になり、目や耳の高さや、顔のパーツの関係性のニュートラルが図られます。音がよく聞こえるようになる。そんなことをいう人も多いです。それはニュートラルになってみないと感じられない知覚なのでしょう。

 

人工空間で暮らす我々には、自然を感じる機会そのものが、あまり感じられない中での生活を過ごし、知覚的に、非自然になってきました。

 

大自然は、そこに行った人。その場に立った人。それを享受した人だけが知ることが出来る贅沢な時間と空間の場であるように思いました。


new information

水の錬金術師?

こんにちは。錬金術という言葉を知っていますか?

言葉は、「鋼の錬金術師」で有名ですかね。

 

錬金術、狭義には、化学的手段を用いて、ゴールドを作る試みのこと。広義では、金属に限らず様々な物質や、人間の肉体や魂をも対象として、それらをより完全な存在に錬成する試みを指します。

 

古代ギリシアのアリストテレスらは、万物は火、気、水、土の四大元素から構成されていると考え、ここからゴールドに変成させようとする「錬金術」が生まれました。

 

錬金術はヘレニズム文化の中心であった紀元前のエジプトのアレクサンドリアからイスラム世界に伝わり発展。12世紀にはイスラム錬金術がラテン語訳されてヨーロッパでさかんに研究されるようになった技術で、現在の科学というのは、言ってみれば、この錬金術の研究の一部を特化して発展したものと言えます。

 

錬金術では、何かと何かを掛け合わせ、一緒にすることが、何か新しいもの、素晴らしいものへの挑戦だったのです。何か素晴らしいものを生み出そうという人間の熱意と勇気と冒険心が合わさった試み、時に出会いが起こり、奇跡は、掛け合わせ、組み合わせ、コラボから生まれます。

 

 

ロルフィングでは、パリントニシティというキーワードがあります。二方向性。体に働く不思議な原則です。体が楽で、自由を体現していく時には、このパリントニシティが働きます。全く逆のに2つの方向性が、体の安定感を作るのです。

 

例えばしっかりとした安定感。グラウンデイングを作るには、しっかりとした着地。安定感が大事です。しかし安定感という1つの方向性から生まれてくるものはその安定感でしかないのです。体の上方向へのオリエンテーション。つまり360度開いた上方への知覚が、安定感と双方向のバランスを作り上げる時、身体の作る安定感は、最大を表現します。全く逆の方向性が、その方向性生かしていくのです。

 

体には個性がありますので、この空間へのオリエンテーション(スカイタイプ)が強いタイプと、地面へのオリエンテーションが強いタイプ(グランドタイプ)がいます。自分の属性を知り、逆の属性と生かし、双方向なボディを感じる時に体は、楽で、自由の方向へ向かいます。

 

さて、毎回好評のコラボイベント第3弾をご案内します。

 

コラボでは身体の新しい可能性を追求していきます。セル・フロッテ霧城さんとロルファー吉田のコラボによる錬金術的な試みです。プローティングタンクは、感覚遮断装置、視覚、聴覚遮断した、体が浮かび重力から遮断されるフローティングタンクの中に入理、身体、知覚、意識を解放するアメリカで生まれた究極のリラクゼーション装置です。

 

このフローティングタンク体験とロルファー吉田の重力との調和させるセッションにて、あなたの体の可能性を開く特別な機会です。イベントですので普段のロルフィングから離れた試みです。ちょっとした現代の錬金術的な試みです。

鋼ならぬ、水の錬金術ですー。残り数枠だと思います。どうぞお試しあれ。

 

 フローティングタンク体験(60分)✖️ロルファーTE2スペシャルセッション  

 

日時

 ※11月25日(土)

 ※既に予約枠はカレンダーに出ていて予約可能な状態です。

  Gメールにてご予約下さい。

http://selflotte.com/cgi/captmail/captmail.cgi

 

料金

※16,480円(特別セット料金・税込み)                 

 

注意点

※来店時間をお守り下さい。

※前後のシャワーは速やかに。女性の方はドライヤー・メイクなどは

 リビング奥のドレッサーをお使い下さい。

※キャンセルは不可です。確実にご来店下さる方のみご予約下さい。

 

 

詳しくは、セルフロッテ、霧城さんへ問い合わせください。

http://selflotte.com/

 

 

霧城氏からのメッセージ

 

なぜタンクを利用すると症状が有る無いに関係なく、そして体調が思わしくない方ほど、全細胞が目覚め内側から蘇生していくのでしょうか・・・

 

理由は沢山ありますが一つ誰にでも共通して言えることは、感覚遮断特有の”無刺激”という「過去経験の無い刺激」に他なりません。

 

それは棋士・藤井聡太四段にベテラン棋士の方々が次々と連敗してしまう現象に似ていて、突然経験の無い戦法(刺激)には以外にもあっさり負け(反応・変化)てしまうのです。

 

今回、あなたに”ロルフィング”と言う刺激があった時、身体はどう変わり~どう反応するのか?楽しみですね。

 

是非とも新たな刺激で、あなたに眠る”蘇生力・才能”を再起動させ、新たな心地よい人生をお過ごし下さい♪

 

セル・フロッテ 霧城

 

http://selflotte.com/