ロルフィング 渋谷・表参道

パーソナル・ボディワークサロン

テツボディワークス

contents




筋肉、骨、筋膜などから姿勢や動きのクセをニュートラルに。

とにかく胸椎が伸びる〜!動く〜!感激です。楽に動くし、動きの方向性がわかります。今まで力づくで固めて身体を使っていたので、それらの癖が逆によくわかります。

(ピラティスインストラクター・30代)

 

 

外を歩くことが多い仕事なので、

セッションを受ける前と受けた後で歩きに大きな違いを実感できました。

とにかく足が軽くなるんです。

(20代・男性)  

 

 

ダンスやバレエ、身体表現のバリエーションが増え、

より正確な動けるなど、無意識化されていたあなたのポテンシャルが、

知覚の向上と共に、引き出されてきます。

  

 

例えばバランス感覚というのは1つだけでなく、 

伸びやかな体、左右、上下、前後、内外の4軸のバランスが整った

ニュートラルな体で、トレーニングや、日常生活を、

心地よく過ごしてください。

 

 

身体を鍛えている方にとっても、 

筋肉をバランスよく鍛えることが出来るようになり

痛めにくい体を作っていけます。

身体の安定感を支える調整力、治癒力、平衡感覚が蘇る。

今まではある部分が疲れていたり、痛かったりしても、それに順応する形で生活していましたが、 「これだと楽なんだ!」という感覚、身体同士が協力し合って楽になっているこの状態を活かしていきたいです。(40代女性)

 

仕事で疲れると、肩に負担がかかって痛くなってきていました。ちょっと忙しいな、と思うと目から肩や背中に痛みが出て、最後は頭痛になってしまっていたんです。だんだん姿勢も悪くなってきてつらいな、と思っていたのですが、今回は忙しい時期にはそうなりませんでした。(40代・女性)

 

 

姿勢や基本動作、知覚力、調整力、免疫力など

からだの基本機能は、使わないと衰えて行きます。

衰えて部分をコントロールする脳も機能を止めていきます。

 

 

身体機能の正常化、ニュートラルな基本動作、動きの確認、

姿勢、呼吸の正常化は、脳の古い部分新しい部分まで使う、

全体を使うための脳トレともいえます。

 

 

人生100年時代に耐えうる身体、

脳幹や小脳など脳の古い部分の脳トレ、

身体感覚のリニューアル、自分への自己投資です。

可動域、コーディネーション、機能的な可能性を伸ばす。

骨盤のゆりかごの中に自分がいるようです。ただ立っているだけなんですが、この安定感は今まで感じたことのない。

(50代・女性)

 

 

今まで、身体が疲れたりコリがあったりすると、

時間をかけて解していく必要がありました。

今は、自然と身体が一番楽な形を思い出してくれる感じなんです。

(大倉さん・俳優)

 

 

「私のこの姿勢で正しいですか?」

そんなことをよく聞かれます。

そんな意識して整えた「良い姿勢」って本当にいい姿勢でしょうか。

 

 

ロルフィングでは、身体が自然に感じる姿勢へ、

無意識に出来るあなたの本来持っている軸のある、

使いやすい体にシフトしていきます。

 

 

大地を踏みしめて空間と繋がった体は、

安定感とバランス、そして安心感を取り戻します。

重力下の大地に立つまっすぐで、りきみの抜けた自然体のご自分の身体を感じましょう!

身体との新しい関係性。安心できる自然な身体。

 

最初のセッションで、呼吸が深くなりました。

肺に入ってくる空気がグッと広がった。

呼吸が変わると、体が徐々に楽になっていきました。

(30代・女性)

 

 

ロルフィングは不思議。痛みのある人だけでなくて、

どんな人でも受けていいんじゃないのかなーって思います。

受けたら受けた分、得るものがあると思います。

(40代・ピラティス・インストラクター)

 

 

ロルフィングのセッションは、呼吸が楽になるところから始まります。

そして変化は次第に、身体や動きの癖に、自然に変化するように促していきます。

一つ一つの動き、表現の質を滑らかに!

 

 

動きや表現力にゆとりと余裕が生まれます。

時に視覚や聴覚といった感覚さえダイナミックに変えていきます。

そんな不思議な始まりです。

 

 

ロルフィングを受けると、

「立つ」、「歩く」、「呼吸する」、「走る」…といった、

普段している、日常の動作に革命を起こします。 

気が付いてなかった自分に出会う。忘れてた自分に出会う。

「WWD BEAUTY」♯219
「WWD BEAUTY」♯219

 

自分の内側にいるもう一人の大きな自分がいて、

体はその人の住む家で、

その人が自分を大丈夫だと言ってくれたような感じがしました。

(30代・女性)

 

 

健康になりたい思いや、身体に痛みがあり、

それを解消する方法があるかなと想うときに、

ロルフィングは、1つの素晴らしいアプローチ方法だと思います。

(30代・女性)

 

  

筋膜層は、表層、深層、全身を繋げる張力的なバランスをとっています。

一方、体の癖が生じたり、バランスが崩れたりするのもこの張力的なボディです。

今、必要な動きを引き出してくる為には、一度リセットする必要があるのです。

 

 

体の約60%は水分で出来ていて、この水分の流れの調整力が、体の健康を保っています。

体から不要なものをデトックス、ディスチャージしてくれるのはこの水のネットワークです。

これらは体全体のネットワークのシステムに依存しているのです。

 

 

さらに支配神経系と身体の連絡、身体の中のコミュニケーションの活性化。

こうしたシステムの健全化は、やがて恒常的なバランスを作り出していきます。

あなたの体の調整力、循環力、免疫力を取り戻しましょう!

 


new information

からだの傾聴

さて、月が変わります。今月のスペシャルメニューです。

 

ボディリーディングの方は姿勢に特化して継続し、リーディングの方は、少し時間を長くして別設定しました。

 

からだは様々なメッセージを発していますが、からだが発する様々な声に耳を傾ける機会も少ないと思います。瞑想や座禅というのもいいアイデアだと思いますが、もう少し対話方式で自分のからだの声を聞いていく心と身体のバランスを整えるそんな時間を提供してみたいと思います。

 

ロルフィングのような目的や動機は設定せず、ただ自分のからだの声を傾聴してみる機会です。

 


最新ブログ

シックス・センス(その1)

お盆も近いということで、怪談ではないですが、ちょっと今週はオカルトシリーズ?で書いてみます。

 

まず以前書いた「シックスセンス」という話を膨らましてのリニューアル版です。「シックスセンス」は、1999年に公開された映画で、(下記参照)人間の知覚である五感(触覚、視覚、聴覚、味覚、嗅覚)以外に6番目の感覚というのがあるということをモチーフにしたホラー映画です。

 

6番目の感覚はこの物語の中では、霊感ということになっていました。死んだ人が見える少年のお話。彼の話では、死んだ人は自分が死んだことに気がつかず普通に生活しているというオチでした。なんでしょう、シックスセンスって。霊感って本当にあるのか? その前に五感以外に感覚というのはあるのか。その辺りから入ります。

 

知覚というのは人間はたくさんあります。主に五感は体の外を捉える知覚です。それ以外に体の中を捉える知覚があります。例えば内臓知覚、固有感覚など体の中を感じる知覚もあります。また気配や雰囲気を感じる知覚もあります。特に日本人はこの知覚が顕著ですね。だから本当は五感どころか六感、七感、いやもっと多彩な感覚が人間にはありそうです。そういうもの全てを含んでシックスセンスと呼んでいるのかも知れませんが、五感でさえ全部使わないそんな日常生活になりつつあるのが現代の都市生活のような気がします。

 

 

それにしても自分が死んでいることに気がつかない、そんなことあるのでしょうか? そこら中に、霊がうようよしているのか?もしそんな状況だったら怖いですよね、確かに心霊現象とか、テレビでもよくやっているし、何かありそうです。

色々総合して考えると、全く何も無いということでもなさそうですね。前世や前々世、歌にもありました前々前世とか。死んだ人の世界はどこにあるのか。違う世界があるのか。あるいは違う次元があるのか。「信じるか信じないかはあなた次第」のような不思議なことは、大昔から我々の身近に存在しますね。

 

(続く)

 

  

映画シックスセンス・予告編リンク貼っておきます。


ロルフィングとは?

ロルフィング(Rolfing®)とは、

アメリカの生化学者、アイダ・ロルフによって

創始されたボディーワークです。

 

 

構造的身体統合(Structural Integration)と、

呼ばれる身体再教育プログラムの一つで、

現在アメリカ、ヨーロッパ、南米、日本、オーストラリアなどで行われています。

 

 

人間の体は、結合組織のネットワーク(骨、軟骨、靭帯、腱、筋膜など)によって

基本的な構造の枠組みが作られています。

 

 

人間が動きを特に意識せずに生活していると

知らぬ間に偏った動きになり、

結合組織のネットワークが偏って固まってしまいます。

 

 

ロルフィングではそのような偏りを調整することによって

身体のバランスを回復することができます。

バランスのとれた身体とは、重力と調和した体です。

 

 

頭頂、耳、肩、肋骨、骨盤、脚のパーツが垂直に並び、

重力が身体の中心を通る姿勢、上下、左右、前後、360度開いて、

各パーツ同士が連携のとれた動きが引き出されることが重要です。

 

 

ロルフィングの特徴のひとつは、

筋膜へのアプローチが中心となっていることです。

筋肉や骨よりも、それらを包んでいる筋膜をリリースすることにより、

 

 

その原因となる身体の構造(姿勢や体型、体の軸を作る)、

それから機能(動作や行動パターン、動きのクセを外す)の偏りなどを、

根本から修正することができ、

 

 

より若々しく健康な状態を持続・向上できるようになるのです。

肩こりや腰痛など不快な症状に焦点をあてすぎるのではなく、

からだ全体のつながりから、偏りやバランスを整えていきます。


ロルフィングが、目指しているものは何か。

ロルフィングでは、体の軸の感覚を育て、体に3次元のバランス感覚を覚えさせていきます。さらに空間へ広がる動きや、感情表現や運動の位相を広げます。

 

そのため、様々なスポーツや格闘技、身体技法、ダンス、ヨガ、ピラティス、さらには演劇や、声楽、音楽などで、身体的表現のパフォーマンスが大きく向上します。

 

 

また怪我などの予防、早期回復、リハビリテーションにも効果的です。体における一番適切な方法を、引き出してくるボディワークです。アメリカやブラジルなどでは、日本より2、30年前から、ロルフィングが取り入れられてきました。

 

 

現在は、選手や特定の人だけでなく、あらゆる世代、老若男女に及んでいます。腰痛や膝痛などの慢性的な症状に苦しむ人々だけでなく、

 

 

人生をより快適に暮らしたいと願う一般の方から、

多くのプロスポーツ選手、ダンサー、俳優、

演奏家などから高い評価を受けてきました。

 

 

最近は、対象は、身体的な症状を抱える心身疾患の方、

発達障害、子供の運動指導、予防医学との連携まで

ロルフィングの幅が広がってきています。

 

 

もしも、あなたが腰痛や肩こり、頭痛などの

違和感や痛みの解消をロルフィングの目的にしたとしても、

ロルフィングの効果は、自分が想定していた以上のものになると思います。

 

 

なぜかというと、その気になっている意識が気が付いている部分だけでなく、

ロルフィングの効果は、身体全体の向上に結びつくからです。

 

 

 

具体的にいうと、例えば、家事をする時の姿勢、立ち方、歩き方、呼吸、生活や仕事、運動をする時など、体を使う行動の全てが、変化することになります。

 

 

ロルフィングのゴールは、からだ全体が、バランスを取り戻すことです。体に眠っていた可能性をひらき、人間として、より快適で満足の行く状態の体になっていくことです。

 

 

あなたを一番近くで支えてくれるのは体です。

あなた最大の協力者である体にとって一番心地よくいてもらうこと。

これがロルフィングの目指すところです。



テツボディワークスのシリーズセッションの受け方

基本はセッションシートを送って頂いて、プランを立ててシリーズを進めていきます。

 

ロルフィングは、一回から受けれますが、基本シリーズは10シリーズという10回で構成されるもので、初心者の方はこちらをお薦め致しております。また症状や希望により、クラニオや内臓マニュピレーションなどと合わせたシリーズをカスタマイズし、3回から15回のコースでシリーズを組みます。

全てご本人の希望に合わせて進行していきますので、ご安心ください。

 

シリーズを進めるペースとしては一番効果的なのは、1、2週間隔です。最小で週に2セッション、最大で月一ペースで進めていくことをお薦め致します。

 

また付加価値型のセッションをご希望の場合は、セッション時間を長くとったコースで10シリーズを進めていきます。ご希望があればその旨お伝えください。また必要だと僕の方で判断してお伝えする場合もあります。

 

 


禁忌事項

禁忌事項はこちらをご確認ください→禁忌事項



美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト