· 

何を意識するかで、現実は変わってくる

暑くなってきましたね。

汗ばむ季節いかがお過ごしでしょうか。

 

夏は、白ワインが美味しいです。ごくごく飲みたい時は、炭酸を入れて、スプリッツァーで飲むことが多いです。白ワイン、炭酸をハーフハーフ位で割るのが僕は好きです。あるいは、リモンチェッロを1/3位入れて、炭酸で満たして、名前があるのかどうかわかりませんが、この組み合わせも好きな飲み物です。

 

さてロルファーになり、ライフスタイルが一変し、お酒を飲む量が減りました。身体が欲するものが少し変わった気がします。飲酒量の変化(と自分では思っていますが)で、健康診断の数値もかなり改善しました。今はナント30代の頃の数字に戻っています。

 

年代によって、意識するものは少しづつ変わっていきます。身体との関係性に置いても、体力のある頃はほとんど考えなかった健康も、体力が衰えたりすると少し考え始めます。病気になったり、怪我をしたり、生きていれば身体との関係性も色々ありますね。安定した仕事や生活の中、身体の状況を超えて短期間に頑張り過ぎてしまったり、少し長いタームでの老化を無視して、意識はまだまだ若いつもりで頑張り過ぎてしまったり、とかく、自分の健康を過信してバランスを崩すことはよくあることです。

 

身体からのメッセージが届いていても気がつかない、という状況も多いですね。つまり現代生活ではとかく頑張り過ぎてしまうことが多いのです。命に関わる病気から空けても、また昔の生活に戻ってしまったり。頭の中は変わりませんので、一番良かった頃で、無意識的に自動運転されていたりします。

 

 

自分を元気にするもの、活性化するものを外から取り入れて、頑張り続ける、そんな企業戦士のような時期もありました。今はどちらかというと、仕事だけでなくて、フルタイム体制になってしまったスマホやPCなど情報機器的なワーク&ライフスタイルに、身体が悲鳴をあげている場合が多いと言えます。背骨、目、腕、神経、腰部など、弱いところに支障が出始めます。

 

ホリスティック的には、色々ありますが、まずは自分を活性化していくことを考えていきます。元々ある身体のシステムを改善して健康になっていこうとする試みです。自然になることにより、文明的な歪みを脱しようとする感じです。

 

我々の身体は120歳まで生きれるデザインをされていると聞きます。医学が発達した現代、なんとなくその方向へ進んでる気もしますが、身体だけでなく精神や心も健康的でないと、人生後半に、病み始めます。バランスを崩してしまいます。

 

バランスを取ることがいいのが分かっていても、どういう風にやるのかは、人それぞれです。考えているだけでは、なかなかバランスが取れません。また脳は、楽や合理的だけで対応しようとします。違和感を感じた時は、言ってみればチャンスです。違和感があるうちにバランスを取り直し、良くなった部分でリフレッシュされ、また蘇っていく。そんな繰り返しが身体的な人生ではないでしょうか。

 

リフレッシュの中に、以前とはまた別のあなたらしさを発見できるかもしれません。そうして何度か、生まれ変わりながら生きていくと、いつまでも若々しいあなたでいれるのだと思います。自分らしいリフレッシュを繰り返していくと、自分が活性化し、リフレッシュされる習慣ごと自分の無意識に取り入れていかれます。

邪魔をするのは、過去の自分の習慣、なんてこともありますね。時に自分をフィードバックしていくことが大切です。

 

ホリスティック的にできることとして、自分に取り入れるものを見直す。ということを、紹介します。

頭はデトックスすることばかり考えがちですが、自分に取り入れる方もチェックしましょう。

 

 

1つは呼吸です。ちゃんと呼吸できているか。

2つ目は口から取り入れるもの。水と食事です。

3つ目は、情報です。情報を取り入れすぎると、頭の中は常に飽和してしまいます。何が自分にとっていいのか、分からなくなってしまいます。

 

この3つの取り入れをチェックするだけでも、かなり健康的になります。自分のポテンシャルを確かめられるような機会って大事だと思います。しかしルーチンに生きているとなかなかその機会がありません。

 

1に関しては、やはりロルフィングをお薦めしたいです。ロルフィングでは呼吸法ではなくて、自然にしている無意識の呼吸を変えていきます。呼吸筋を緩めて、自然に入ってくる呼吸を最大限に開いていきます。(セッション1)、寝てる間も、4時間している呼吸です。自然な呼吸を手にしましょう。また体を全体的に見ていくことにより、リフレッシュされる方向性を発見できたりします。なかなか対処療法では見えない視点です。意識が知らないこと、気付けなかったことを、身体的は感じているからです。つまり身体性という自分の無意識と出会えるわけです。そして意識化し、知覚が変更されます。

 

2の水と食事は、さまざまなよいが言われています。考え方が様々ありますね。テレビやネットをみていると情報が多すぎますので、あまり浮気せずに、体の声を聞きながら自分でこれだなと思うものを続けていくのがいいと思います。参考までに僕は水は、アンドリューワイルの勧める蒸留水を飲んでいます。蒸留水は自分で作っています。毎日作るのは大変ですが、家族の健康の為、毎日作ります。食事は、色々ありますが、基本は食べたいものは食べる。という満足型の食生活です。食べすぎない。食べすぎたと思ったらそのあと少し控える。その位で運用しています。前よりは食べる量は減ってきましたね。体が必要とする分食べる。頭や習慣で食べない。なるべく自然のものを食べる。そんな感じですかねー。

 

 

3の情報に関してですが、これは仕事や生活で、常に情報にさらされる現代生活では難しいですね。無意識の間に自分に必要のない情報が入って来ます。情報というか情報から遮断することも時に大切です。自然の中とか、幻想的な風景とか、瞑想とかで、情報的なフォーマットで規定されている現代生活の枠から、たまに飛び出して、全体的なものに抱かれることも情報を相対化する意味では大切です。

 

意識的にスマホやPC、テレビなど情報メディアから離れることも助けになるでしょう。情報メディアとの関係で出来ている自分が、果たして本当の自分なのか。たまにチェックしていないと、無意識的に、さまざまなことをやらされている自分になってしまっていることも多々あります。無意識なので自分では気が付きません。

 

正確にいうと、情報というか、印象なのだと思います。我々は印象の中に生きていたいのです。量をどうするかというよりは、質的な充足感を求めて無意識は動いていきます。質的な深化を深めていくためには、言葉や表層の雰囲気だけではなくて、深層的な自分の内面を育てて、それと出会わせるという方法論がいいように僕は思います。自分を通過していくのでなく出会っていくこと、身体性の統合は、その1つのアイデアです。量に負けない質的インテグレーションを頭と身体の統合からする感じです。

 

意識を何に使うか。がその人の人生を大きく変えていくと言えます。特に生活習慣病が、深刻な病の大半になった現代。自分の無意識に気が付いて、自分に必要ないことをすぐに手放して、修正していけるかどうかが、身体状況や心理状況を変えていきます。私たちは、今、何を意識して生活していくのか、意識の使い方、自分の感じ方で変わっていけます。

 

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト