10シリーズ

10シリーズでは以下の3つのことをしています。

 

1 身体を緩めること。

2 身体に軸を作ること。

3 緩みと軸を生かした統合的な動きを作っていくこと。

 

この3段階を経て身体は再構築されていきます。


セッションは、ボディリーディングに始まり、立ち姿勢、歩き方、座り方、基本的な動作や姿勢をチェックして、自然な姿勢、動き方、でない部分、体の癖を見つけ出していきます。
その日のテーマからアプローチを始めます。例えば、セッション1だと、「呼吸」がテーマです。セッションは、施術台でのテーブルワーク(筋膜、筋肉、靭帯、骨格などへの手技による施術)、体の動きを活用した「動きのトレーニング(ムーブメント)」そして知覚への働きかけ、神経系含めたメンタル的な働きかけ、身体への環境からの働きかけ等、その方にあった方法論を取っております。
通常「10シリーズ」という効率的な統合プログラムで進めることを推奨しています。(初回受けてみてその後続けることを決めて大丈夫です。)プロの方等のオリジナルプログラム、その他特別なご希望、到達テーマにそって調整など、独自のテーマプログラムを作成します。ご相談下さい。

10シリーズ各セッションのテーマ

<セッション1>

自然で楽な呼吸

呼吸を制限している部分にアプローチして、より快適な呼吸に。

 

<セッション2>

足からのサポート

足、下腿、背中にアプローチして、足からのサポート機能を高めます。

 

<セッション3> 

からだの前面・後面のバランス

からだの側面のラインにアプローチして、前後のバランスを調えます。

 

<セッション4>

脚部と骨盤のバランス

脚の内側のラインにアプローチして、脚部と骨盤のバランスを調えます。

 

<セッション5> 

脚部と腰椎のつながり

腹部にアプローチして、腰椎が自由に動けるサポートを高めます。 

 

<セッション6>

自由な背骨の動き

背面にアプローチして、仙骨と背骨を自由にしなやかにします。

 

<セッション7> 

地面からのサポートを頭部へ

首と頭部にアプローチして、今まで築いたサポートを頭部につなげます。  

 

<セッション8・9> 

からだ各部のつながり

一回のセッションで、上半身か下半身どちらかを中心にアプローチして、

からだ各部のつながりを高めていきます。

もう一回のセッションで、もう半分にアプローチしていきます。

 

<セッション10> 

からだ全体のバランス

からだ全体にアプローチして、からだと外部環境とのつながりの中で、

バランスを調え、より動的な安定性を高めていきます。

 


10シリーズ後のセッションについて

10シリーズ後は、希望により3ヶ月後から身体的なメンテナンスセッションを受けられます。1セッション単位で可能ですが、3回コースからの設定で受けられることをお薦めします。

 

メンテナンスとは別に10シリーズの形式でテーマを設けた新たなる深化を目指したアドバンスシリーズも用意しています。アドバンスシリーズは5回となります。テーマは下記をご参照ください。10シリーズを修了者が対象です。

 

アドバンスト・シリーズのテーマ

セッション1筋膜レイヤーを思い出す。感じなおす。

セッション2背骨のCカーブ、Sカーブから整える。

セッション3ミッドラインを感じる。動くとは何か。

セッション4関節の連動。身体空間の自由度。

セッション5身体知性と共に動く、体と共に生きる。


個人ごとにカスタマイズしたプログラム

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト