10シリーズ

10シリーズでは以下の3つのことをしています。

 

1 身体を緩めること。

2 身体に軸を作ること。

3 緩みと軸を生かした統合的な動きを作っていくこと。

 

この3段階を経て身体は再構築されていきます。


セッションは、ボディリーディングに始まり、立ち姿勢、歩き方、座り方、基本的な動作や姿勢をチェックして、自然な姿勢、動き方、でない部分、体の癖を見つけ出していきます。
その日のテーマからアプローチを始めます。例えば、セッション1だと、「呼吸」がテーマです。セッションは、施術台でのテーブルワーク(筋膜、筋肉、靭帯、骨格などへの手技による施術)、体の動きを活用した「動きのトレーニング(ムーブメント)」そして知覚への働きかけ、神経系含めたメンタル的な働きかけ、身体への環境からの働きかけ等、その方にあった方法論を取っております。
通常「10シリーズ」という効率的な統合プログラムで進めることを推奨しています。(初回受けてみてその後続けることを決めて大丈夫です。)プロの方等のオリジナルプログラム、その他特別なご希望、到達テーマにそって調整など、独自のテーマプログラムを作成します。ご相談下さい。

10シリーズ各セッションのテーマ

セッション1        自由な呼吸を得る。

セッション2     大地を感じられる足と脚を得る。

セッション3     身体の前後や側面の感覚を得る。

セッション4     中心軸を得る。

セッション5     身体のコア空間の気づきを得る。

セッション6     背面を解放し、自由な仙骨を得る。

セッション7     空を感じられる頭と首を得る。

セッション8&9  上半身と下半身のつながりを得る。

セッション10     全身のバランスを整え統合する。


10シリーズ後のセッションについて

10シリーズ後は、希望により3ヶ月後からメンテナンスセッションを受けられます。メンテナンスとは別に10シリーズと同様にテーマを設けたアドバンスシリーズも用意しています。

アドバンスト・シリーズの各セッションのテーマ

セッション1筋膜レイヤーを思い出す。感じなおす。

セッション2背骨のCカーブ、Sカーブから整える。

セッション3ミッドラインを感じる。動くとは何か。

セッション4関節の連動。身体空間の自由度。

セッション5身体知性と共に動く、体と共に生きる。