Tetsumasa Yoshida

 

米国RISI®公認アドバンスト・ロルファー

クラニオセイクラル・プラクティショナー

ボディワーカー

 

STORY

川崎市多摩区に生まれる。大学卒業後、ヨーロッパへ2ヶ月の旅行を経験する。トルコ、ギリシャ〜パリ、ロンドンに至る文明の遷移、美術品などを見聞する。その後ワーキングホリデーにてオーストラリア、アデレードに滞在。大自然、世界各国からの旅人達、アボリジニの人々などにも出会う。

 

帰国後、広告代理店にて営業職、教育機関にて広報職を経て1997年、広告企画制作会社を設立。以後、主にゲーム業界、教育業界を中心に広告制作業務に携わり、忙しい日々を過ごす。40代に入り身体的な不調(腰と膝の痛み、内臓の不調など)を経験する中、ホリスティックな身体療法であるロルフィング®と出会う。その身体効果、意識的な気づきの素晴らしさを知り、専門職であるロルファー(ロルフィング提供者)を目指し、仕事と並行しながらトレーニングを進める。

 

2011年11月米国ロルフインスティチュートよりロルファー認定。2012年テツボディワークス開業。その後2016年2月アドバンストロルファー認定。

 

親の介護経験を元に心理学、機能回復、介護系の技法を追加。介護で生活に変化が出たのを機に経営していた制作会社は解散。現在はロルファー活動、コミュニティ活動、ボランティア活動。セルフケア、セルフヘルプの技法、脱依存症、生活習慣病、認知症、発達障害のプログラム、ライフスタイル研究など。

PROFILE

スポーツ&身体技法:タップダンス、テニス、サルサ、スキューバ、バレエ、ヨガ、ピラティス、スキー、乗馬、ボルダリングなどの経験。現在は、ヨガ、水泳、ウォーキング、ボディワークを中心にした調整系ムーブメントの研究、実践。個人セッション、ワークショップ提供。

     

最近のMyブーム:美術館巡り、料理、曲作り、書道、ギター、将棋など

社会貢献活動 (最近のもの) ぴゅあさぽーとしぶや、東京オリンピック2020、渋谷区デジタルディバイド解消事業など。

2003年より渋谷区在住。家族は妻、娘(大学院生)


rolfing training

○2010年7月〜ロルフィングトレーニングunit1

218時間の解剖学、生理学、筋膜リリーステクニック履修

○2011年2月〜ロルフィングトレーニングunit2

244時間のロルフィングとロルフムーブメントのセオリーと実践を履修

○2011年10月〜ロルフィングトレーニングunit3

269時間の実技実習、解剖学の履修、150時間超の施術トレーニング後、活動開始。

○2011年11月、米国ロルフ研究所®より公認ロルファーとして認定。

○2015年10月 アドバンストレーニング前期

○2016年2月 アドバンストレーニング後期(トレーニング計168時間、24日間)

○2016年3月、アドバンストロルファー認定。

 

ボディーワーク関係の講習履歴

 Biodynamics movement

 Craniosacral Biodynamics

 Biodynamics Manupiration

 Craniosacral Biodynamics2

 Neural Fascial Mobilization 

 Rolfing and Haptic Touch

 

米国ロルフ・インスティテュート     http://www.rolf.org/

日本ロルフィング協会                   http://rolfing.or.jp/index.shtml  

rolfing training instructors

Raquel Motta

平田継夫

Gillian Kok
Ashuan Seow
Wanda Silva

高田圭二
Monica Caspari
小鹿有紀
Luiz Fernando Bertolucci

Carol Ann Agneessens, MS.

田畑浩良

藤本靖  

Jonathan Martine

Ray McCal

Lucia Merlino