10シリーズレポート【セッション6】

第六回目は、体の背面、骨盤の解放ということで、仙骨周りの筋膜と靭帯、梨状筋、大臀筋や中殿筋等を中心のワークでした。

 

最初の導入ワークで、膝下からの足や、足首を緩めました。左足は、あまり変化を感じなかったのですが、右足に入ったら急に体全体が緩み始めました。私の体はやはりこの傾向がいつもあるようです。

次に仙骨・尾てい骨周辺を緩めました。仙骨は右が少し上に上がっていて、尾てい骨は、他の人よりかなり長かったらしいです。ロルフィングは、他では気づけないことに、気づく事ができて、面白いなと感じました。その後梨状筋・大臀筋・中殿筋、お尻周りを緩めました。左は、かなり硬くなっていたようです。

 

仙骨を緩め始めたあたりからですが、睡魔ともリラックスとも言える、不思議な脱力感・解放感に漂い始めました。日頃、いかにお尻を緊張させて生活していたのかと、感じました。

お尻のリリースが終わった後、ロルファーに立って歩いてみましょうかと言われ、ぼっーとしている体で、恐る恐る立って歩いてみたら脚の左右差が少なくなっていました。そんな状態は初めてだったので、歩くのも最初は慣れませんでしたが、だんだんそれが普通になっていきました。

 

後半は背中全体と肩周辺のリリース。よれている布をきれいに伸ばすように。最後のいつもの統合ワークでいつもの仙骨リフト。今回は動きが良くなっていました。お尻まわりのリリースが効いたようでした。翌日、少しお尻の筋肉痛みたいのがありましたが、だんだん取れていきました。また、寝付きがかなりよくなりました。