· 

ロルフィングの基本的な話

サイトの中でも動的健康という言葉を何箇所かで使っています。動的ということを書いてみます。

動的というのは、英語だとダイナミックです。動きがあって健康的だということですね。

 

例えば、身体だと、まず止まった状態での、力の抜けた自然な体というのを目指します。その上では、自分のセンター感覚、真ん中を感じた、まっすぐな身体ということを目指します。そして、そこに動きが入ってきます。動く中での、安定感、軸からの動きの連動がダイナミックに行われているかを、確認しながらセッションを進めます。

 

こうした基本的な、立ち姿勢や身体やベーシックな動きということを実現していくのが10シリーズと言われているロルフィングの基本コースです。個人的な身体の違和感や歪み感、痛みなどは、このニュートラルへのプログラムの中で改善していきます。

 

姿勢の部分では、バランスが大事です。前後、左右、上下、そしてウチソト的な感覚を育てながら、バランスを4元に整えていきます。動きの部分では動的なバランスです。ダイナミックな動きが出来ているかを確認しながら体の動きを引き出していきます。

 

ヨガやピラティスも同じように動的なバランスを整えるボディワークだと思いますが、ロルフィングは、運動ではなくて、施術と知覚トレーニングで、身体そのもの、構造や機能を変えていく感じです。

 

ですので、ヨガやピラティスの先生たち、ダンサーの方もロルフィングを受ける方も多いです。僕のセッションは、こうした体使いのプロたちへのセッションが3割程度になります。

 

逆にいうと、日常的に運動しないような方や、運動しなかったのだけど、運動始めようと思われている方などは、体がニュートラルな方が、動きやすいし、傷めにくくなるのでロルフィングはおすすめです。

 

基本的なことですが、一度書き置きしておきます。

 

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト