彼は何故ロルファーになったのか?

 

僕がロルフィングと出会った時、立ち上げした広告制作会社が15年目の時でした。安定した現実感から次に変わろうとするにもなかなか変われずに、でも何かが足りない。でもそれがなんだかわからずにもがき苦しんでいました。

 

はじめてロルフィングを受けた時に、僕の中で何かが変わりました。ロルフィングの身体効果と心理的な効果があまりに素晴らしく、これを自分の人生に取り入れた時に、自分自身が統合されることになると確信したのです。

 

そしてこの統合という不思議な感覚をできるだけ多くの人と分かち合いたい。そう思ったのです。下のロルフィング紹介ビデオと同じこと言ってますね、でも実話なんです、笑。

 

あれから何年経ったか忘れましたが、気がつけばこうしてロルファーになり、ロルフィングを中心とした生活を志向していて、不思議な感じがします。

 

ロルフィングは、こういう風にやるというのはありません。コンテクストの体系です。どういう風なロルフィングをするかはそれぞれのロルファーに任されています。今日コラボのイベントがあり、たくさんの方にセッションを行いました。

 

ひとりひとりに対して全く違うセッションをしている自分に、クライアント一人一人に満足して頂けるロルファーになった自分でびっくりしています。

 

受けていただいた方に、発見と驚きと快適な身体を持って帰って頂ける、こんな幸せなことはないと大変嬉しく思います。

いつもありがとうございます。