出会うとは、心が動くこと。

イルカは出会おうとしている。

ロルフィングって言ってみれば、「自分の体と出会いなおす」そんな機会のようなようなものです。

 

どうして私の肩は凝るんだろう?

なんでか知らないけど、膝が痛い。

なんで?どうして?

 

人は納得を求めます。頭で色々理由を考えます。「仕事で同じ姿勢をしているから。」

「先週の週末に山登りに行ったから。」

 

そして痛くなったら、その時、体を認識し、そして痛い場所を治す為に病院へ行きます。

痛みが消えて、なんとなく良くなって、治ったと思います。

でもなんども繰り返す痛み、コリ、ハリは、なんで起こるのでしょう?

痛みはある程度、解消したけど、なんか違和感あるなとか感じたことありませんか?

それは体は何かメッセージを発しています。

 

 

「自分の呼吸が変わるなんて考えたことなかった!」

 

これは初めてロルフィングを受けられた方が漏らすよくある感想の一つです。 

想定外。考えている範囲だとそれは本質的に言うと出会ったことにはなりません。

これは、出会ったことがない方が自分の体に出会ったということですね。

 

自分の体と出会うと、最初びっくりします。

現代人の生活の中では、それくらい自分の体でさえ、他人みたいになってる人、多い気がします。

肩こりや不調感、体の違和感などで体があなたの思いの邪魔をするようになったら、自分の体と出会う機会として、ロルフィング®は本当に素晴らしいと思います。僕がそうでした、笑。

 

 さて水族館が好きで、よくイルカに会いに行ってます。よく見るとイルカは泳ぐことにはあまり目を使わないんですね。たぶん超音波を出して体をコントロールしているのかな。でもしばらく見ているとちらっとこっちを見てる。目を使ってこちらを見て出会おうとしていました。イルカは出会おうとしているのですね。