ダイアログ・イン・ザ・ダーク

 

他人の気持ちを感じられる。

 

そんな気持ちにさせてくれる施設が東京/外苑前と、大阪/梅田にあります。 「ダイアログインザダーク」。(つまり、暗闇での対話。という意味です。)

 

1988年にドイツで、哲学博士アンドレアス・ハイネッケの発案によって生まれ、これまで、全世界39カ国、130都市以上で開催され、2015年現在で800万人を超える人々が体験したイベントです。安全に管理された暗闇の空間の中を、視覚障害者や他の参加者と共に90分のツアーに出かけます。

 

目が見えない国があって、

突然、そこに紛れ込んでしまったような不思議な空間。

 

自分の知覚がどれだけ視覚に依存していたかを知ることができます。そして他人との関係性に関して、そして自分自身について感じることがあると思います。

人それぞれ感じること、発見することは違うと思いますが、自分って何なんだろうって思った時など、自分と出会えるきっかけとなる、お薦めしたい施設の一つです。

 

言ってみればロルフィングも、自分と出会うためのボディワークだと思います。自分の体に自分の姿勢のコントロールを委ねた時、体の楽、自由度を感じ始めます。自分の体の声に耳を澄まし、自分の体と出会う。そんな機会です。

 

「自分の体のことはよく分かっているよ。」

 

そう思われる方は、体のことを色々やられている方だと思います。

そんな方ほど、ロルフィングを受け、自分の体と出会ってびっくりしたりします。

私もそうだったんですが、笑。

 

「ダイアログインザダーク」

http://www.dialoginthedark.com/