骨に声が響く体

声を出す仕事をする人のためのボイストレーニングで有名な加瀬メソッドというのがある。
スタジオレイでは、口の開きが大きい方から小さい方へ“あ”“え”“い”“お”“う”の順番で行なう。

このあ”“え”“い”“お”“う”は、それぞれ骨に響かせて空間に響かせる。例えば、「あ」全身へ、「え」は、後頭部から首の後ろ、肩甲骨の間に響すなど(詳しくは、下記加瀬メソッドの本を見て頂きたい。)

ボイストレーニング中の僕には、この骨に響かせる感じが非常に体感がある。そういえば以前クライアントに頭声がすごく感じられるようになったと言われたことを思い出した。体が統合していくということは自分の体の中のネットワークが整っていくこと。体との空間的な知覚を豊かにしていくこと。

声を楽器のように響かせたい方、体感が感じられにくい人にもロルフィングはいいかもしれません。

 

◎トピック

◎PICK UP

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト