セッション中の脳波

瞑想と同じ脳波を使っている?

ある有名なセラピストの方と話す機会があり、その時にこんな話が出た。「ロルフィングしている時の脳波はシータ波だから瞑想しているのと同じ」。ロルフィングの文脈でないので今まであまり脳波のことは考えたことがなかったので、新鮮な話でした。

 

シータ波というのは4〜8Hzで、 眠る直前のうつらうつらした、まどろんでいる状態や禅や瞑想時の状態で、この時は創造性や記憶力がアップすると言われます。

その上のアルファ波が8〜14Hzで、リラックスして心身とも落ち着いている状態。集中力や学習能力が高まると言われます。

そしてベータ波が14Hz〜20.3で、完全に起きていて仕事や家事の日常生活時。あれやこれや考えている時。緊張や不安状態にもなると言われています。

 

ロルフィングを受けることは、瞑想状態のような中で行われるんだなと言われると確かにそのような気がしないでもないです。セッションで起こる大きな身体変化や知覚の変化も、シータ波で起こる人間の無意識、潜在意識の力のなせる技だと思えば不思議ではないですね。ちなみにムーブメントの時は動きや行動に意識を向けていくのでアルファ波でしょうか。

 

現代のような社会生活だと、どうしてもベータ波状態から抜け出れなくなっていることも多いでしょう。そんな中、不安感や不安定を大きくしてしまっている人もいるかもしれません。昨今マインドフルネス瞑想を始めとするメディテーションやヨガ、の隆盛は、そんな体がわからの欲求に支えられているのかもしれません。

 

さてロルフィングのセッションでは、色々なことが起こります。体験なのでそれをあまり言葉で説明するものではないのですが、どうしても理由や、言葉による説明を求める方も多いです。

脳波の話は、ロルフィングの文脈ではないですので少しファンタジーですが、この脳波の説明も加えると、現実に起きたことを説明するのにわかりやすいかもしれませんね。

 

 

 

地球との調和、繋がり

 

シューマン共振というのを聞いたことありますか。シューマン共振というのは、地球の地表と電離層との間で極極超長波 (ELF) が反射をして、その波長がちょうど地球一周の距離の整数分の一に一致したものをいうのですが、その周波数は7.83 Hz(一次)、 14.1 Hz(二次)、 20.3 Hz(三次)となっています。不思議ですがそれぞれ人間の脳波と呼応しているようにみえます。偶然でしょうか。 

 

脳波ー意識と無意識ー重力(地球)ー調和、共生。なんだか繋がっているような気がします。ロルフィングでいう重力との調和や身体統合って、地球と人間との繋がりを感じることが出来る画期的なことかもしれません。

 

今思い出しましたが、施術でガンマタッチというのもありますね。これってガンマ波に対応しているのかな?ネットで調べてみると、ガンマ波は、脳の認知機能に最適な周波数であると考えられています。天然の抗うつ剤のように働き、エネルギーと集中力を増加させます。ゴルフ、野球、テニス、卓球、バスケなどの心身の状態に最適です。とっさの判断が要求される株のトレーダーなどの業務にも役立つでしょう。ガンマ波は、ADDとADHDにも非常に有益でしょう。と書いてありました。

 

心身症の方へのセッションもいい結果が出ているのは、僕のタッチのせいなのでしょうか。僕は器用な方なので、シータ、アルファ、ガンマに対応するツールとしてのタッチ使います。謎解きのような興味深い話ですが、僕は学者ではないので、この少しトンデモ話はここまでです。このファンタジー話に興味がある謎解き好きの脳の研究者の方、いらっしゃいましたら連絡ください、検体します、笑。

 

◎トピック

◎PICK UP

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト