自己組織化

ボディワーク以外の分野の方と話ししていて、度々出てくる概念で自己組織化という言葉があります。英語では、self-organizationといい、自律的に秩序を持つ構造を作り出す現象のことです。自己組織化は、幾何学的な形状を持つ雪の結晶の成長や、孔雀の羽に浮かび上がるフォトニック結晶構造に由来する模様や、シマウマのゼブラ模様、心臓の鼓動など、様々な自然現象の中にも見出すことができます。

 

生物の細胞がDNAを設計図として機能を持った組織を作り出す現象も、極めて高度な自己組織化の結果と考えられています。さらに思考や学習に伴って脳内などで起こる神経回路の構築も、自己組織化の一つで、脳をモデルにした自己組織化写像が研究されています。

 

日々セッションをしていて、体が変化していく様子に、自分でも不思議に思うことも多く、実はボディワークで体をニュートラルに戻すのも、この自己組織化も関係しているのではないかと考えています。自然状態に戻ろうとする体本来の性質を利用してアプローチしているような気がします。

 

体は普段無意識で動かしていますので、頑張り過ぎた部分が支障が出ていて、無意識になってしまった体の癖を外して体の全体性に統合してあげると楽になっていくみたいなような気もします。

 

本当の今の身体状況を、知らないのは自分の意識だけで、体の声(無意識)に耳を傾けていくと、体がどんどんニュートラルになっていくみたい物語です。ロルフィングでは、身体が本来あるべき、重力と調和した状態へと体を再構築して感じです。それぞれの構造、機能、エネルギーバランスがニュートラルになっていきます。