体のメインテナンス

体のメンテナンスっていう場合は、一般には、表面的なことを意味します。美容的なこととか。後は、運動するとか、栄養とか、サプリしかイメージが沸かないかもしれません。身体内部だと、臓器とか骨とかイメージすることが多いですが、例えば繋がりとか、感じ方とか、体感例えば呼吸とか、バランスとか姿勢とか、いかがでしょう。メインテナンスという発想はしませんね。


その部分は、自動調整で、基本的にメインテナンスされるように作られています。メインテナンス=保守。維持。管理。という意味ですね。

 

体に備わっている自動メンテナンスシステムは、基本自動運転されていますが、故障しないまでも、様々な不調が存在します。病院で調べても特に悪くない違和感。不快感。またメンタル的に感じている不安や恐怖なども、実は身体的に起因していることもあります。

 

歪みやズレの確認や、メインテナンスと言う発想で、自分の体と向かい合う機会を提供しています。身体状況、そして自分とも向かい合うことになります。 自分の身体の現実を知り、姿勢を知り、力の抜け具合を感じ、ニュートラルな方へ体を方向つけていくのが10シリーズです。治す施術とは少し違い、自分の体のニュートラルにし、改めて自分の体を感じれるように、体をメンテナンスしようとする自動メンテナンスシステムも復活して、本来の体の力、ポテンシャルを発揮しようとしていきます。

 

例えば、ヨガやピラティス、ダンスや身体表現の先生方も多数お見えになっています。「えー!ヨガの先生が体痛めるの?」って思うかもしれませんが、ヨガという「動き」とは違ったアプローチ(例えば、構造とか、機能とか)から体が整っていくことは、ヨガの動きにも大いに役立つことなのです。これにより、自分のヨガがさらに飛躍していくことにも繋がるのです。ロルフィングはそうした、先生たちにとっても自己発見の場でもありますね。僕のクライアントさんは半分くらいは何かしらの先生です。すべての人、一人一人カスタマイズしていくセッションです。

事例1

事例2

 

 


Bodymateにて 人物インタビューされました。

美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト