暗黒女子

関係者がクライアントにいて、数年前に本を頂きました。読んですごく面白かったミステリーが映画化されたので見に行ってきた。

 

秋吉理香子の同名ミステリー小説を、NHK連続テレビ小説「まれ」の清水富美加と「MARS ただ、君を愛してる」の飯豊まりえのダブル主演で実写映画化。聖母マリア女子高等学院で、経営者の娘にして全校生徒の憧れの存在である白石いつみが、校舎の屋上から謎の転落死を遂げた。彼女の手には、なぜかすずらんの花が握られていた。真相が謎に包まれる中、いつみが主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が流れる。いつみから文学サークルの会長を引き継いだ親友の澄川小百合は、「白石いつみの死」をテーマに部員たちが書いた物語を朗読する定例会を開催。部員たちはそれぞれ「犯人」を告発する作品を発表していくが……。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」など数々のヒットアニメを手がけた岡田麿里が実写映画の脚本を初めて担当し、「百瀬、こっちを向いて。」の耶雲哉治監督がメガホンをとった作品。

 

人間の心、関係性、信念などを学ぶにはいい映画である。とだけ言っておきます。(ネタバレしないように)

ロルフィングで扱うのは、ボディワークなので体のセッションですが、セッションは心や関係性も影響しています。ロルフィング受けると統合して、暗黒女子も反転しニュートラルに、笑。宇宙の中では暗黒(暗黒物質・ダークマター)はエネルギーですね。どう反転し、光を当てるかが難しいところです。ちなみにTE2ボディワークスのお客様は90%以上女性です!暗黒女子は?!

 

 

予告編です。