岡本太郎

先月大阪に行った時に万博記念公園に足を伸ばした。ご存知の通り「太陽の塔」を見に行ったのだ。久しぶりに見たけど、やっぱり太陽の塔は太陽の塔で、存在感も迫力もあった。

 

思えば岡本太郎には縁がある。岡本太郎美術館は、出身の川崎市にあるし、渋谷駅には「明日の神話」があるし、そしてセッションルームのそばにあるのが岡本太郎記念館。さらに近くの旧こどもの城前には、「こどもの樹」が今もある。

 

 

岡本太郎は体に関して、こんな言葉を残している。

 

 

ー人間だれでもが身体障害者なのだ。

たとえ気どった恰好をしてみても、

八頭身であろうが、

それをもし見えない鏡に映してみたら、

それぞれの絶望的な形でひんまがっている。

しかし人間は、切実な人間こそは、

自分のゆがみに残酷な対決をしながら、

また撫でいたわりながら、人生の局面を

貫いて生き、進んでいくのだ 

 

 

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト