ミュータントメッセージ

少し古い本で恐縮だが、オーストラリアに住んで経験したことを日本に戻って来てから日本語の意識が追体験している時に出会った本。何も持たずに生まれ、何も持たずに死ぬ。灼熱の大地で目撃した最高に豊かな人生。オーストラリアのアボリジニ〈真実の人〉族とともに旅した120日間の記録。

 

内容はこんな感じである。一人の白人女性が、ふとしたことから、アボリジニ部族とともに砂漠を歩く旅に出た。言葉を介さず通い合う心、手を触れるだけで癒される体―灼熱の大地で体験する目をみはるような出来事の数々。その中で、ひとつずつ気づかされていく本来の地球と人類の姿。

 

本来ミュータントとは、突然変異体という意味であるが、彼らが言うミュータントととは、昔の記憶や宇宙の真理を忘れたり、心を閉ざしている人のことを言っているのだ。物質文明にまみれた我々ミュータントへの強烈なメッセージがこめられた、衝撃的な作品だった。5万年地球と調和してきた彼らの生活はオーストラリアでの実体験も含め、驚愕する内容であった。

 

彼らの感覚は、他の文化圏で育った人々の限界をはるかに超えていて、聴力、視力、嗅覚は超人レベル。砂の上に残された足跡が発する霊気が彼らには伝わる。毎日みんなが無言なのはこの人々はテレパシーで通じ合い、何の音もしないのに三キロも離れた人同士がメッセージを交換している。(インターネットいらない、笑)

この部族がテレパシーを活用できるのは嘘をついたことがないからだという。彼らは自分たちの心を開くことを恐れず、互いに進んで情報を交換しようとする。(ある種の心の開き方は、共時性に繋がるのではないかと思う。)

 

彼らが物欲をまるで持たずに、欲しがることをしなければ豊かな人生を生きられるかということを教える。自分の人生を豊かにするのは自分であり、そうしようと思えばいくらでも創造的で幸せな人生が送れるのだという。彼らはよく笑い、泣くことはめったにない。彼らは健康で生産的な人生を長く生き、精神的な土台にも揺るぎがない。

 

オーストラリアにいる時に、顔見知りになったアボリジニは、僕に会うと、いつも、「タバコはないか?」と聞いた。ある時は、「あるよ」といい、彼にタバコを差し出し、二人でタバコを吸った。空は青く、どこまでも雲が広がっていた。タバコを吸い終わると、「じゃあ」といい、その場を立ち去った。ない時は「ないよ」といい、しばらく青い空を眺め、「じゃあ」といい立ち去った。また別の日も、同じ場所で彼に会い、タバコを吸い、空を眺めてた。また別の日も。

 

今の日本の我々の生活って、意味や目的の為に生き過ぎているのではないだろうか。約束もなく会って、ただ青い空を見るだけで、なんか素敵な時間だったなあって、当時のこと少し思い出したので書いておきます。

 

◎トピック

◎PICK UP

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト