視覚の変化

ロルフィングでは、色々な変化を経験しますが、代表的な変化に視覚的な変化が起こります。視覚的な変化というのは大げさにいうと、見える世界が変わるということです。見える世界が変わる。

 

そんなことが起こったことのない人にとっては、「ふーん」という感じですが、ずっと制作をやってきて、世界を変貌させてきて、いつも変化を起こしてきた僕にとっては、変わることは慣れていたけど、目で見える世界が変わることは、当時大衝撃であった。

 

制作で創造していく記号的な差異、イメージ的な差異の比ではなく、個人の中に新しい身体の体感がズブズブと入ってきたのである。驚きというよりは、不思議だった。

 

ユーミンは目で見える全てのことはメッセージだと言ったけど、この違うものが見え出した僕には、当時ものすごいメッセージが届いた気がした。世界が変貌し、世界と自分との関係性がぐるぐると変化し出した。

 

声にならない位の驚きを持ってロルフィングと出会ったのである。これって広告を作るよりもずっと面白いのではないか!制作の仕事に飽き飽きしていた僕はには、一気に恋に落ちた。これは取り組むに値する素晴らしいものなんじゃないだろうかと。

 

体の変化は、内的な体験なので、個人個人の知覚に依存するらしい。クリエイティブに従事する方々、いち早くロルフィングを受けることをお薦めする。姿勢とか、健康とか、動きとか、抜きにして経験としてあたなのクリエイティビテエィを大いに刺激してくれることだろう。