ロルフィングで行なっていること。

 

ロルフィングで行っているのは、筋膜をリリースもしていますが、それだけではなく、軸のある体を作っていったり、また体全部で動いていける状態へ導き、その人の体が、本来ある状態へと近づけていくのです。本来ある状態というのは、重力や空間と関係性のある体です。

この状態では、「なんで?」という理由や、「いい、悪いという判断」よりも、感じている状態をアクティブに感じていくことが大切で、自分の感じ方に気がついていけると体は統合していくことが進んでいきます。

 

この重力の方向性、空間的な広がりの関係性に置いてみる。というのが自然状態に近づいていくベクトルで、その可能性を探っていくのがロルフィングだとも言えます。


その過程でたまに痛みや違和感が出ることもあります。それらに囚われるよりは、体の全体性の中での自然状態にして、生命の叡智に任せて、体の調整力を引き出していくというのが、ロルフィング的な在り方です。身体という生命の叡智を超えて特別なことはロルフィングでは起こりません。不思議なことが起こるとしたらそれは生命の叡智と出会ったということです。

 

ロルフィングで行うことは次の5つです。1 体を全体的にみること。2 体のサポート(安定感)を増やしていくこと。3 適応性を引き出していくこと。4 空間の広がりを調和させること。5 そしてその状態を完了させていくこと。

あとはクライアントに気がついて貰うために、意識的な広がり、見せ方を作ります。基本はこれだけです。あとは体が安心して変化するための状況や身体的な雰囲気作りのために時間を使います。


自然状態にして出てくる違和感、気づくことは、不自然さ、つまりその方自身のテーマだったり、意識が捉えていない癖だったり。時に多くの自己発見を伴うのです。


僕の場合、心理学的な手法も取り入れ、自己発見、気づきなど、掘り下げて、その方の人生深く切り込んでいく場合もあります。転機の時などに、お薦めしたいと思います。