アウェアネス

 

ロルフィングでは、アウェアネスを大事にしています。意識的な気づきという風に訳されますが、ビジネスの側面で使われる、気づきと学びというような概念の時の気づきとは少し違って、偏りのない意識的な気づきみたいな言葉です。なのでカタカナでアウェアネスと書くのでしょうね。

 

例えば、シェードランプの電気が付いていることに気がついていることを、説明できる状態。視覚的なアウェアネスと言ったり、自分がある種の感情を持っている(怒り、喜び、鬱など)」ということに気がついていて、それを言語で報告できる状態を言ったり、自分が、そこに存在していることに気が付いていて、無意識ではないことを指します。気が付いて、説明できること(自己認識があること)を意味します。

 

人間は自分の脳内で行われている処理であっても、そのすべてに関して気づきを持っているわけではありません。むしろ逆にほとんどの処理は気づきを伴わず無意識のうちに進行しています


アウェアネスの体験を共有していく。このことがどれだけパワーがあるのか、僕がこのことに関するアウェアネスがあったのは、ロルファーになってからわかって来たのかもしれません。