· 

義理の母

2014年10月、義理の母を見送りました。

彼女は膵臓癌を患い、発見された時は既にステージ4に進行していました。

 

その日なんとなく直感がし、僕はセッションさせて欲しいと頼み、病床の彼女にクラニオのセッションをしに出かけました。

 

病床の彼女は恥ずかしそうに、「そうかい、こんなおばあさんで恥ずかしい体なんだけどね、よろしくね。」と言いながら、僕の最後の願いを聞いてくれました。

 

首筋と仙骨に手を起き、「体勢は苦しくないですか。」と声をかけました。彼女は目を閉じていて黙ったまま頷きました。「もし気分が悪かったり、嫌な感じがしたら言ってくださいね」と声をかけました。彼女は黙ったまま、また頷きました。

 

付き添いに来ていた妻は部屋を出ていきました。クラニオをはじめ「**ちゃんにこんなことしてもらうなんて思わなかったよ」、「手があったかいね」などと声を発していたが、そのうち寝てしまったようです。いつものセッションのように体の全体をホールドしました。脳髄液のリズムは穏やか。

 

しばしのち、彼女は目を覚まし、言葉を発しました。

「あら、やだ、気持ちよくて寝ちゃったみたい、夢みてたよ、」、「いい夢だった。なんか気分がいいよ」。

それは良かった。「もう少し続けて大丈夫ですか?」と僕は言いました。

彼女は黙ったまま、頷いた。そのうち彼女はまた寝てしまいました。

 

またしばらくした後、彼女は目を瞑ったまま言葉を発しました。

「**ちゃん、ありがとうね。」、「色々・・・ありがとうね。」そう呟くと、彼女はまた寝てしまった。僕は「はい」とだけ言葉に出し、あとは何も言えませんでした。

セッションの終了処理をして、彼女に声をかけました。

「終わりましたよ」と声をかけ、廊下で待っている妻に声をかけました。

 

妻がどうだった?妻が義理母に尋ねました。

「効果はよく分からないけど、暖かくて、気持ちよくて寝ちゃったよ。気分もすごく楽でいい感じだよ。」

「はい、それで結構です」と僕は応えました。

それが生きている彼女と会う最後となりました。

 

その1週間後、入院中の義理の母からこの前のお礼にと僕に贈り物が届きました。それはサブウェイのチャージしたカードでした。僕がサブウェイによく行くということを聞いて「何か実用的なものがいい」という彼女の思慮で購入されたというものです。僕にとっては有り難い贈り物でした。

 

またその1週間後、仕事の打ち合わせをしている時に、訃報が届きました。

セッションの日も元気でしたし、二ヶ月前に海沿いのホテルに一緒に旅に出かけ、卓球を興じ、スマッシュを打ってたくらい元気だったのが嘘のような話でした。

 

訃報を聞いて、僕は病院へ駆けつけました。病院には大勢集まっていたが、僕が到着すると場所を空けてくれました。2週間前と同じように彼女の傍に座り、手、足、首と順に触れていきました。体は冷たくなっていて、死後硬直が始まっていました。亡くなった時の姿勢で、少し体を捻っていて、また左股関節が大きく曲がったままで固定されていました。

 

「まだ間に合うかもしれない」僕は、彼女の傍に腰をかけると、首筋と腰に手を置き、クラニオの体勢になり、そしてしばし背骨を触れました。背骨はまだ暖かかった。僕は「水の体」に働きかけ始めました。体はまだ生きていた。僕は会話を試みる。体は僕の働きかけに呼応し、しばらくすると水の循環と同期が取れ始めました。体を自然に戻るように、股関節と左足は、少しづつ緊張を手放し、まっすぐになっていきました。

 

最後に曲がっていた左の足首をを優しく伸ばす方向へ促すと、足首もまっすぐになりました。シャバアーサナとのようにまっすぐに。まだ水の体は動いていたけど、あたりに大勢人がいましたので、手短に「有り難うございました、安らかにお休みください」と挨拶をし、義理母との対話を終え、その場を離れました。

 

その後、彼女の命日であった金曜日には、サブウェイに行きました。義理の母との思い出や記憶を思い出しながらしばしランチの時間を過ごしました。それは四十九日が終わるまで7回続きました。