ロルフィングの感想・背骨の解放ワーク(30代、俳優)

今回は背骨への解放ワークを行った。吉田さん言うところの『CKワーク』というセッションを受けた。

 

前回背中の骨がストレートのところがあると教えてもらったので今回は背中を中心にしたワーク。

背中の骨と骨の間で動かしにくいところを開いていくことにより、いつもより少し深い層の動きの柔軟性がでてくるのだという。

 

自分の深層の部分は意識したことがなかったので少し不安もあった。

 

始まる前に

『今回はいつもより深層にいくのでしずかに行いますが、寝てもいいけど、もし寝ないでいれるなら、ギリギリのところで頑張ってください、たまに声かけますね』と吉田さん。

 

正直、感覚的によく分からなかった。 

まずは立った状態ロールダウン。吉田さんが指で触れた部分を首から背骨を前に倒していく。1つ1つの関節をゆっくり曲げていく。

 

『ここら辺感じにくくないですか』と吉田さん。確かに他の場所に比べて感じにくい固い部分がある。合計3箇所あった。

 

首の下部分・背中の真ん中・腰

 

この3つの部分を触れられた時にどうやってそこの部分だけを曲げたら良いのか分からず触られている部分より下の部分も一緒に動かさないと曲げれなかったりした。

 

次に仰向けで寝てみる。

 

『何か感じますか?』と聞かれたので

 

感覚を背中に集中すると…

 

左側の背中と腰からお尻の上の部分が浮いていた。

 

それを告げるとまずは足からセッションが始まった。

 

腰に吉田さんの手が入りセッションが始まった。ガクンといきなり眠くなる。ロルフィングのセッションというのはどうしてこうも眠くなるのだろう。

 

軽く触れるようなタッチで吉田さんは触れていく。

足と腰の辺りのセッションが終わると腰からお尻の部分がしっかりついている。

 

次に背中。

 

背中を行なっている時にフワフワとした気分になり寝そうになってしまう。

 

そこで始まる前に言っていた吉田さんの言葉がよみがえる。

 

『寝そうになってもギリギリのところで頑張ってください……。』

 

これのことか!!!

 

何度か寝そうになるのと深層の部分を行ったり来たりしてるうちに終了。

 

吉田さん『今回はいつもより深層部分に行ったということもあっていつもよりゆっくり立ってください。』

 

いつもよりゆっくり立ってみる。

 

いつものセッションだと空間が拡がった感じが強かったけれど今回は空間はそのままに自分が小さくなったような感覚になる。

 

いや、自分は小さくなってないけど、中に小さな何かがあって質が濃くなったような感覚だ。そして体が一つにまとまっている。新しい感覚だ。

 

今までは心がオープンになるのが見られているとか見透かされているような感覚があって少し恥ずかしかったりした。

 

でも心のもっと深いところにコアがあることによって

『心はオープンでもいいや!』って気持ちになった。

 

自分が『キュッ!』と締まった感覚だ。

 

今までのセッションにはない感覚で面白い感覚。

 

1週間後にあるセミナーに参加しましたがいつもなら話を聞いて帰ってしまうのだけれど今回は積極的に周りの人に話しかけたり写真を撮ったりしていた。

 

いつもなら閉じこもっていたのに…。

 

なんだか今回はオープンになれてる自分がいた。

 

 

◎トピック

◎PICK UP

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト