· 

不安と恐怖

無意識にある不安と恐怖が違和感や痛みを作り出すこともあります。どちらも怖いという感情に基づくものですが、不安と恐怖の違いって分かりますか?

 

 

不安にある怖さは、「また同じような出来事があっら・・・」の未来形の恐怖なのです。この部分に想像力のスイッチが入ってしまうと、不安はとんでもない化け物を作り上げてしまうことがあります。パニックにも繋がります。そして恐怖は、森田療法によると死の恐怖に繋がるのだそうです。先週臨床宗教師の方に会う機会があり、それ以降、自分に起きた臨死体験を、再び検証し始めています。あの体験がなんだったのか。近いうちまた書きます。

 

 

眠りにおちいるまえにおれは恐怖におそわれるのだ。死の恐怖だ、おれは吐きたくなるほど死が恐い、ほんとうにおれは死の恐怖におしひしがれるたび胸がむかついて吐いてしまうのだ。おれが恐い死は、この短い生のあと、何億年も、おれがずっと無意識でゼロで耐えなければならない、ということだ。この世界、この宇宙、そして別の宇宙、それは何億年と存在しつづけるのに、おれはそのあいだずっとゼロなのだ、永遠に! おれはおれの死後の無限の時間の進行をおもうたび恐怖に気絶しそうだ。おれは物理の最初の授業のとき、この宇宙からまっすぐロケットを飛ばした無限の遠くには<無の世界>がある、いいかえれば<なにもない所>にいってしまうのだということを聞かされ、そのロケットが結局はこの宇宙にたどりつくのだ、無限にまっすぐに遠ざかるうちに帰ってくるのだ、というような物理教師の説明のあいだに気絶してしまった。小便やら糞やらにまみれ大声で喚きながら恐怖に気絶してしまったのだ。(大江健三郎)


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト