健全なる精神は健全なる身体に宿る

 

orandum est, ut sit mens sana in corpore sano

 

古代ローマの詩人ユベナリスが、代表作は『風刺詩集 (Satvrae) 』の中で残した言葉です。本当にそんな風に思います。

時代も代わり、健全なる肉体は、筋肉を鍛えるだけでもなくなってきています。柔軟で使いやすい身体、見た目だけでなく、内側のコア、インナーから整ったニュートラルな身体になると、体は楽ですね。

そして姿勢が改善して、呼吸や動きがニュートラルになってくると、精神状態や気持ちにも影響し、物事に対する姿勢や在り方が変わってきます。

 

この名言は要約らしく、この言葉に該当する部分、ご参考までにご紹介します。

  

強健な身体に健全な魂があるよう願うべきなのだ。

勇敢な精神を求めよ。死の恐怖を乗り越え、

天命は自然の祝福の内にあると心得て、

いかなる苦しみをも耐え忍び、

立腹を知らず、何も渇望せず、

そして、ヘラクレスに課せられた12の野蛮な試練を、

サルダナパール王の贅沢や祝宴や財産より良いと思える精神を。

 

私は、あなたたちが自ら得られることを示そう。必ずや

善い行いによって平穏な人生への道が開けるということを。