セイフティゾーン2

セイフティゾーンは変えれるという話を前回書きました。

 

違う角度からみてみます。セイフティゾーンの中では、身体や意識は、システムを安定させる方へ動きます。だから違和感を感じている場合でも、違和感と共存してしまっていると言えます。

 

だからセイフティゾーンの中だけにいて、ある部分だけ、違和感だけを取り除こうとして一時的な変化は起こりますが、いずれ戻ります。

変化を継続させていくには、セイフティゾーンの外へ一度出ないといけないわけです。一度外に出て、古い癖を手放して、またセイフティゾーンに戻ってくる。ロルフィングやクラニオでしているアプローチが、奥深いのは、そうしたことをしているからのような気がします。 身体や意識に置いて少し深い部分から変えていく、ニュートラルにしていくそんなセッションのように思います。

 

そうして生まれて来た新しい体は、新しいことを思いついたり、行動したりしていくでしょう。新しいあなたの誕生です。