一番古い記憶

一番古い記憶は何ですか?僕の場合、木製の古い橋の端っこを渡る記憶です。2、3歳くらいでしょうか。風がビュービュー吹いていて、髪が乱れます。目を細めながら橋に摑まりながら、一歩一歩進みます。歩くのとは違った怖さを初めて感じていました。それでも僕は風に逆らって進みます。一歩一歩。僕の初めての記憶は、こんな冒険の記憶でした。

 

記憶はアングルから書かれてきます。この橋は実は1メートルほどの橋で、連れて行ってくれたおじさんが足元を押さえてくれていたようです。風が強かったのは確かです。でも恐怖を感じるような場面ではなかったようです。

 

無意識に残る記憶は、その時のアングルから見る記憶で、時に俯瞰したアングルから再認識することにより、また感じた感情を感じ尽くすことにより、自分がしていた思い込みの記憶の物語は書き換わることになります。

 

記憶というのは不思議ですね。

◎トピック

◎PICK UP

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト