体が新しい世界の入り口

体に深く接するようになって思うことが、たくさんあります。体は不思議の宝庫ですね。これから新しい発見は、人間の体の中から、たくさん出てくるのではないかと思います。

 

思えば人間は、外へ外へと意識を向けてきました。目で見える世界です。でもこれからは、中へ中へと、目を向けていくと、様々な発見があると思います。中への目の向け方は、科学的な見るという方法論もありますが、我々にも中へ中への目を向ける装置が最初から組み込まれています。そして古代の人間はこの知覚をもっと使っていました。

 

それは、感じる、ということです。感じる力。それを取り戻して見ませんか?見る世界も大事です。見たものの世界を文字や情報に変えて、パソコンにどんどん入力し、ビッグデータが作成されています。今まで見えなかった我々がビッグデータから発見されています。それも1つの世界を作っていくでしょう。でも見る世界で発見される世界は我々の全てではありません。多大なる盲点がすでに現実の中に存在します。

 

我々は体を持って生まれてきて、体があることが生きていることとも言えます。我々は盲点だかけの現実から、盲点になっていたことを見るようにしていく、意識が届き、見えるようにする、つまり感じて気がつくところから始めないと、新しいものは見えて来ないのです。そして見る世界だけに住んでいると、我々は段々と止まっていくのです。我々は見えない世界、目で見えない世界、感じる世界にこそ新しい世界があるのです。

 

体には全てがあります。新しい世界は、自分の体にあります。体を変えて新しい感じ方を手にしましょう。様々なマトリックスと共存する現代社会。そこから抜け出る方法でもあります。新しい世界へようこそ。