· 

10シリーズの感想 Kさん【ピラティス・インストラクター】

 

ロルフィングを受けたきっかけ

 

ピラティスの仲間から「体が中から伸びるからロルフィング受けてみるといいよ」という話を聞いてました。いつか受けたいと思ってたけど、なかなかきっかけがなく過ごしてきました。セッションを受けるに当たって、踏み切れなかったのは、誰のロルフィングを受けるかということ。そんな時、偶然あるパーティーで、ロルファーの吉田さんと出会って、お会いした時に、安心感、私の体をお任せできる安心感を感じがしましたので、その場でお願いしました。

 

 

10シリーズの全体的な感想をお願いします。

 

体に関して言えば、今まで自分で意識的に努力して動かそうとしていたところが、頑張らなくても自然に持っていけるというのが驚きでした。これまで、何度も何度も自分で意識しながらトレーニングでやってきていることが、セッション後は動かしにくかった箇所が、セッション中に見せてもらった筋膜図や、その時に感じた事を思い出すと気持ちよく動くようになった。そんな体になっていることがびっくりしました。

 

ピラティスも同じボディワークというジャンルのものですが、運動のボディワークであるピラティスと、セッションという施術形式でするロルフィングとは違うものですね。ピラティスは体は意識して変わっていく。でもロルフィングは無意識で変わっていく。意識しながら体を整えていくのと、施術によって無意識化していた体の動きが引き出されてくるというのが違います。習慣的に続けていく運動としてピラティスはいいものですが、意識できない無意識だった部分を感じれるという意味で、ロルフィングを受けるとスタートラインの裾野が広がる感じがします。ピラティスでも意識、無意識というのがありますが、ロルフィングは最初から無意識的に、意識してもできない動きが出来ました。

 

根底にある体の構造的な動かし方、中から動かすということ、普段動かしていることの前提を一つ深くした動きを発見できました。確か第8セッションだと思うのですが、あのセッションでやった全身の体本来の動かし方というのは、ロルフィングの中でないと、出来ない動きだと思います。新しい気づきです。セッションを振り返って考えても体の自由度が違います。レッスンしている時もレッスンを受けている時も動きの伸び感が違います。レッスンを受けていて体がすごく楽です。

 

またロルフィングでは気持ちの面でも気づきがあって、私はちょうど自分の存在を見つけたかった時だっと思うのです。自分の内側にいるもう一人の大きな自分がいて、体はその人の住む家で、その人が自分を大丈夫だと言ってくれたような感じがしました。また迷った時に最適な自分の在り方を見つけてくれるそんな安心感が自分の中で、元々いたことに気がつけた、体の安心感みたいなものが確認できた気がしました。あと最初のセッションで、音がよく聞こえるようになったのも面白かったです。私は電話オペレーターの時代が長かったので、聞かない、聞こえないようにしていたからかもしれません。

 

 

ロルファーの印象。

 

ロルフィングはロルファーによって違うと聞いていますが、吉田さんのロルフィングは、悩みが解決するロルフィングですね。身体でも、動きでも、メンタル(発想や意識)でも、安心感が増すロルフィングだと思います。今の私に必要なことをやって頂いた気がします。セッション中に言われたことも、今の自分に必要な言葉が多く、一つ一つ覚えてないのですがたくさん気づきがありました。例えば「捉え方は表裏あるから捉われる必要はないよ。流せばよいよ」と言われたことが今の自分の中ですごく腑に落ちる時がありました。

 

ロルフィングに関して、重力、筋膜などはアバウトな理解しかない中、体にある「自分らしさ」みたいなもの、それも含めて託せる人みたいなイメージだったのですが、それが吉田さんと出会った時に感じました。ボディワークは、やはり(二人でする)セッションだと思うのです。10シリーズで私(の体)が、今必要なものを引き出してもらった気がします。これからも、またその時に必要な身体性を出して貰える気がしています。吉田さんは、その人がその時に必要としているものを引き出してくれるロルファーだと思います。知識も幅広く、体と心でクライアントさんと向き合って、最善のセッションを組み立ててくれているのだと思いました。

 

ロルフィングの印象

 

ロルフィングは不思議。ボディワークだけど、ただ触れているだけなのに、なんで体の中が変わっていくのか。ほんと不思議。痛みのある人だけでなくて、どんな人でも受けていいんじゃないのかなーって思います。受けたら受けた分、得るものがあると思います。ロルフィングに出会うと、体はこんなに楽なものなんだ!と気がつけます。クライアントにとって、健康になりたい、痛みがあるなら、解消する方法があると思う時に、ロルフィングは、1つの素晴らしいアプローチ方法だと思います。頼り方としてロルフィングという選択肢を持っていると、その後の人生が変わると思う。生きていることが安心できると思います。

 

ロルフィングは、何に焦点を当てるか・ゴールにするかで、セッションは全く違うものになるんだと思います。今自分に必要なことに気がつき、自分だけで考えていたことに必要な流れを作ってもらえた、そんな気がしています。体や意識が止まっていた人が自分だけでやっていた時とは違う流れができる気がします。

 

 

最後に何か付け足すことはありますか?

 

シンプルに、身体が整うってこういう事だよね〜と原点に戻りました。とにかく胸椎が伸びる〜!動く〜!感激です。楽に動くし、動きの方向性がわかります。今まで力づくで固めて身体を使っていたので、それらの癖が逆によくわかります。繋がりではなく、部分部分で動かしていたというのが正しいかもしれません。セッション後に付けていたメモを読み返してみると、身体感覚は「広がる」「楽」という言葉が多いです。骨盤帯と胸郭が揺れる感覚もありました。過去の感想も読み返して、その時リアルに感じた事を思い出します。全ての経験が今を作り、無意識化して覚えている事って少ないから可能性は限りなく広いってことですね。

 

ロルフィングを受けて、感じる。ということの幅の広さを感じました。また吉田さんの言葉で、自分の思い込みをアンワインドして新しい自分になった気がします。ロルフィングは私にとって「蘇り」 「 新生、再生」かな。。。言葉の説明は難しいですね、その時その時で答えは変わるでしょうね、笑。