そよ風

先日、とある集まりで、ある有名クリエイターの方とご一緒する機会があり、自己紹介したところ、

 

「なるほど。それは魔法使いだね、いや、現代の陰陽師のようなものか。」と言われ、「はい、そのようなものです。」とつい応えてしまった。

 

 

その文脈で話を続けた。

「それにしても正体をすぐに暴くなんて、先生も凄いですね」と返すと、

 

「僕も人生長いし、人に夢や絶望を与える仕事をしてきたので、色々な人にあって来ているから。」

 

「先生も魔法使いですか?」と聞くと、

「いやいや僕は、不思議なことや、楽しいことが好きなだけ。これまでとんでもない連中と最高の人と一緒に仕事して来たから。ま、時代の代弁者だよ。」

 

「そこまですぐに本質を掴むなんて。そんな人は初めてです。」、「大したことはやってませんが、元々は、僕もそっちの人だったんです。でも色々やって来て、今はこっち側にいます。」と返した。

 

「そっちは楽しい?」

「はい、こっちはこっちでたのしいです。」

「そっちも、楽しいですよね。」

「まあね。。。」

「次回作楽しみにしています。」

 

お酒のせいもあるけど、そっちだ、こっちだ、で、

話が通じてしまう世界は、不思議だけど、楽しい。昔のよう。

日本人の対話は、本当はこれでいいんじゃないかと、ちょっと思った。

 

そっち側の世界とこっち側の世界、

そしてまだ見ぬあっち側の世界は、

同じ現実の中に存在していて、出会いやスレ違いを繰り返している。

 

ちょっとした知覚が開くと、その二つの世界は交わり、

目の前を、ふわーっと、そよ風のような何かが通り抜ける。

 

そよ風は、前髪がふわーっと靡いて、

その瞬間、びっくりして目に映るものが、少し違って映る。

今まで目に入らなかったものが目に入る。

 

その一瞬を視覚が捉えて、切り閉じる。

それは、スマホの中にない何かを見せてくれるのだと思う。

現実の中で、違和感を感じた時は、あっち、こっちと、

いつもと違う道、いってみても、いいかもしれません。

 

自分を切り閉じる。大切な体験です。

そういう機会がないと、自分は自動運転されていて、

留まることを知らない。立ち止まれない日常が動いていく。

それはどこにも売ってないあなただけの体験です。

唯一無二のあなたに戻る瞬間。 

 

本当のことは、意外に身近な中にある。

ただデジタル信号の知覚しか感じてない意識と体には、

ただ感じれない、ただ見えてないだけ、かもしれません。

 

 

二軒目にいく頃、空を見上げると、月が出てました。

たまには、お月様もいいね。

夜のそよ風の中、月を見ながら並木橋を渡って帰った。

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト