· 

セッションレポート シリーズの終わり

セッション10

 

最後のセッション。

 

 

 

オーソドックスに確認しながら体を動かすワークを色々とやってもらう。

 

前半は座って背骨を丸めていくワーク。

 

どうしても胸のあたりで飛んでしまって、(つながりが)首や頭が先に上がってしまう。

 

ベッドに寝て、繋がりを感じながら、胸のつまっているところを、混線しているところを、ゆるめているうちに、なんかイメージなのかビジョンを見えてきた。

 

小さい岩の中にいる龍?、真っ黒い小さい龍みたいなが、胸からうきあがり、体から外に出ていった。。。

顔も見えた。

どういうこと??!! 

 

もう一度座って背骨を丸めるワークをすると今度はちゃんとできた。

 

胸に何がつまっていたんだ、いったい。そんなことがあるんだ。

 

 

最終回ということで、終わったあと、お茶を飲みながらいろいろお話する。

 

荒川修作の話、そして黒い龍の話もした。

そんなこともあるのですね、

先生は特に驚く様子もなく、聞いていた。

 

10シリーズが終わった。

清々しい気持ちでいっぱい。

ドラマチックでセンセーショナルな時間だった。

 

 

そっか、今回のシリーズは、終わってしまうんだな。 

終わること意識してなかった。楽しかったな。

魔法のような不思議なセッション楽しかったな。

またいつか、受けたい。

 

 

  

 

 

※ロルファー注釈

多感なクライアントならば、身体から学べること、気づけることは沢山あります。身体は無意識に繋がります。日本語はハイコンテクスト言語なので日本人の心象世界は、アボリジニのいうドリームタイムみたいな時間の止まった世界、空間が無限に広がる世界に繋がっている場合もあります。ドリームランドでの統合は、やがて現実世界に映し出され統合を生む場合が多いです。龍は、それまで彼女を守り支えてきた心象世界のアトラクターの一つでしょう。僕にも見えました。胸にいた黒い龍が飛び出していった彼女はこれからどういう人生を歩んでいくのでしょうか。とても楽しみです。

セッションでは自分が思う以上に多くの変化が起こっています。受けとめる時間も必要です。 今日はクロージャー。祝福を持って彼女を見送りたいと思います。またいつの日か出会う日まで。

 


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト