· 

人生の岐路で

RCサクセションの忌野清志郎さんと、シャ乱Qのつんくさん。一世を風靡したロックバンドのボーカリスト二人は、ともに喉頭がんに襲われました。

 

清志郎さんが「歌」を選び、武道館で劇的な復活を遂げ、その1年3ヶ月後、この世を去りました。まさに、夢を追ったロックな生き様でした。

 

一方、つんくさんは喉頭を摘出する手術を決断しました。

そのときの心境を著書でこう綴りました。「なにより妻と子供のために、僕は生きなければならない。歌い手として声との別れは本当に苦しい。でも、命の代わりはない。僕の代わりもどこにもいない」

 

どちらもある決断をし、それぞれの生き様を世に示しました。自分で選んだ自分の人生。そこには、いい、悪いは、ありません。

 

 

「命を続けながらロックを歌い続ける。」そんな第3の道って無いのかな〜

我々オルタナティブなホリスティックプラクティショナーはつい、

身体知性に聞いたりしながら、夢想しながら、そんなことを考えてしまします。

 

 

さて、

ロルファーをしていると、人生の決断の場面に出会うことがあります。

「テツさんだったら、どうしますか?」

 

 

考えてみると人生の岐路に立つような状況で、

ロルフィングを受ける人が多いのかも知れません。

 

人生の岐路で身体の声を聞く。

とてもいいタイミングかも知れません。

 

 

 

 

さて、清志郎を追悼し、矢野顕子との清志郎のデュエット曲。やはり、この声だから。

声をなくしたつんくの曲を、華原朋美バージョンで。ありがとう、さようなら。


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト