· 

人生の岐路で

RCサクセションの忌野清志郎さんと、シャ乱Qのつんくさん。一世を風靡したロックバンドのボーカリスト二人は、ともに喉頭がんに襲われました。

 

清志郎さんが「歌」を選び、武道館で劇的な復活を遂げ、その1年3ヶ月後、この世を去りました。まさに、夢を追ったロックな生き様でした。

 

一方、つんくさんは喉頭を摘出する手術を決断しました。

そのときの心境を著書でこう綴りました。「なにより妻と子供のために、僕は生きなければならない。歌い手として声との別れは本当に苦しい。でも、命の代わりはない。僕の代わりもどこにもいない」

 

どちらもある決断をし、それぞれの生き様を世に示しました。自分で選んだ自分の人生。そこには、いい、悪いは、ありません。

 

 

「命を続けながらロックを歌い続ける。」そんな第3の道って無いのかな〜

我々オルタナティブなホリスティックプラクティショナーはつい、

身体知性に聞いたりしながら、夢想しながら、そんなことを考えてしまします。

 

 

さて、

ロルファーをしていると、人生の決断の場面に出会うことがあります。

「テツさんだったら、どうしますか?」

 

 

考えてみると人生の岐路に立つような状況で、

ロルフィングを受ける人が多いのかも知れません。

 

人生の岐路で身体の声を聞く。

とてもいいタイミングかも知れません。

 

 

 

 

さて、清志郎を追悼し、矢野顕子との清志郎のデュエット曲。やはり、この声だから。

声をなくしたつんくの曲を、華原朋美バージョンで。ありがとう、さようなら。

渋谷区渋谷1-1-6 エムエフ青山503

 

渋谷駅からヒカリエへ(4Fの青山方面出口)から徒歩4分。

表参道駅、(B2出口)から徒歩6分。(目安として両駅どちらからも徒歩8分ほどです。)

 

青山通り沿いの専門サロンです。ゆったりとした雰囲気の中セッションを受けられます。 

※エムエフ青山ビルはビル中央入口通路を入り、通路の奥のエレベーターで5Fにお越し下さい。

updated  blog

靴底の減り

続きを読む

収穫を味わう

続きを読む

自分の顔

続きを読む

Bodymateにて 人物インタビューされました。

Powr.io content is not displayed due to your current cookie settings. Click on the cookie policy (functional and marketing) to agree to the Powr.io cookie policy and view the content. You can find out more about this in the Powr.io privacy policy.

美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。

テツボディワークス公式サイト