· 

いつも押すと痛かった肘の内側や、脇のしこりのようなものが無くなってた。

ロルフィングは、痛くないのに体が変わっていく感じが不思議でした。マッサージの揉みほぐしとは違う、身体の皮膚の奥、まさに筋膜を調整していくタッチが初めての感覚でした。腕をやって貰った時。いつも押すと痛かった肘の内側や、脇のしこりのようなものが無くなっていて、身体の変化を感じました。

 

ロルフィング10シリーズを終えて、歩いていて踵をちゃんと使って歩いているなという風に思います。(→全文

 

痛くならないと、気がつかないようなことでも、全体を感じるセッションの中では、自然に治っている、そんなこともあります。意識出来ていることの外を感じることにより、演技やパフォーマンスは、さらに深まっていきます。