· 

身体をどう診ていくか

(感想)


セッションは、体のコーディネーションを考える上で、非常に面白いアプローチだったと、自分で体験してみて思います。

 

10シリーズのセッションは、毎回体に違った変化があり面白かった。またセッション直後だけでなく、セッションとセッションの間の期間も体を使いながら変化していくのが楽しめました。

一番印象的なセッションは第一セッション。施術により呼吸の質が変わって軽くなった瞬間が印象的だった。(→全文

 

 

 

(ロルファーコメント)

これまでに数百名の方の10シリーズを担当してきたと思いますが、中にはお医者さんも複数人いらっしゃいます。「お医者さんが徒手療法を受けるなんて意外!」と思われるかもしれませんが、構造的なアプローチ、機能的なアプローチでは、結構似たような発想で、クライアントと向かい合っているよう思います。

 

逆に、コーディネーションや、統合的なアプローチは参考になる、触れ方がソフトなのにどうしてこんなにパワフルな変化が出るワークなのが不思議だ、人間の体を考える上で参考になるなど、言ってもらえることが多いです。

 

 

ロルフィング創始者のアイダロルフはロルフィングを医療や心理的な研究や発展までイメージしていたようです。人間を考えていくと人間を部分に分けて、分割して考えるものではなくて、全体からの不調和を統合的にみていきます。