· 

成長の限界

小学生から、毎年1学年づつ上がり、中学生になるとちょっと成長した感じがしました。やがて高校になりまた少し成長、大学生や専門学校などに進んだ時は、もう成長の意識よりも、別の意識に移っていることも多いでしょう。そのあとは、成長というよりは、経済とか、立場、地位とか、関係性の変化、あと気になるのは老化などしょうかね。

 

しかし成長するという思想は、我々の無意識下で働いていて、成長を感じられなくなると、無意識下で葛藤が始まります。もっと成長したい、成長してないと少し寂しい感じがするのかもしれません。

 

さて人智学のシュタイナーは、人間性の成長に関して一つの指針を残しています。7年ごとに時代をわけてテーマを紐解いていくように過ごす感じです。実は、これは僕が20代後半に出会っていて、当時この区分けで自分を再構築し始めていました。僕は、元来飽きっぽく、7年もすると開き始めてしまう自分の本質を無意識に予測し、自分の指針として作っていたのかもしれません。思い返してみると、この通りにきているような感じもします。難しく考える必要はないと思います。要は成長の方向性を7年おきに少しだけ変えるだけでいいのです。

ちょっと照らし合わせても面白いかもしれませんのでご紹介します。

 

0~7歳・・・身体が成長する時。安心・喜び・愛情を受け取る時代

7~14歳・・・心が成長する時。芸術や人間性や自然の美を感じとる時代。

14歳~21歳・・・思考の力が育つ時。真実のある世界観を受け取る時代。

21歳~28歳・・・世界や社会認識力が育つ時。関係性を育てる時代

28歳~35歳・・・人生の危機に向き合う。ライフスタイルの構築の時代。

35歳~42歳・・・精神的な生き方へ向かって。自分に真に大切なことを問うの時代。

42歳~49歳・・・人生の後半をどう生きるか。葛藤し、善悪を超えた先にある価値への気づきの時代

49歳~56歳・・・人生の完成に向かって。芸術的創作・美への意欲、渇望、創造性の時代。

56歳~63歳・・・人生を完成させる。真に自分らしく生きる、本質・エッセンスを求める時代

63ー70歳は・・・は、おまけの時代だそうです。おまけはお楽しみ。その人ごと人生の過ごし方。

 

シュタイナーは、人生は72年ほどと考えていたようです。

奇しくも日本の現在の健康寿命は2016年は72.14歳、女性は74.79歳。

生きることはもういいところまできたので、ここから先は、どう死ぬか、ってことの方へ成長していったらいいのではないでしょうかね。人は如何に死んでいくか。死生観流行りですね。

 

成長の限界「人類の危機」についてのレポートが出されたのが1972年。あれから47年たち、文明はブレーキがかかったのか、さらに成長へ加速してしまったのか、よくわからないけど、異常気象も、温暖化、寒冷化の話も、常態になっていることを考えると、成長を簡単にはやめれない現実もあるでしょう。人間社会の成長は、まだまだ続いてきました。活性化して、バブル崩壊し、鬱が来て、そこから、少子高齢化、人生100年時代と言われるようになりました。

 

さて72歳から先、伸びた寿命の分の在り方は、どういう風に過ごすのがいいのでしょうか。新しく項目を作る必要はない気がします。組み合わせを少し変えるだけで十分運用出来ます。

ちょっとサンプルで作ってみましょう。

 

①多分、おまけの時期が増える。・・・これが通常の年金生活、ハッピーリタイアメントというやつでしょうか。隠居、都市的隠遁生活なんかが粋ですかね。

②それとも7年周期を10年周期に伸ばしてゆっくり進めていくのか。成長のスピードを遅くする感じです。晩婚化などもしかしたらこの兆候かもしれません。その分二毛作のように楽しみをたくさんいてもいいでしょう。

③42歳以降を変容し、再度繰り返すか。早期リタイアで、人生二期作みたいな感じで社会と向かい合っていく感じですかね。二期作は、全く別の作物を植えてみるといいと思います。違う方が、目新しくて楽しいと思います。 

 

まだまだ色々な人生が描けると思います。そして実際にも色々な人生が、今の世の中、急速に現れ始めています。どんな人生にするかは、人それぞれ個性なんでしょうね。何れにしても自分を知る。それが葛藤のない人生だと思います。どれでもない人は、葛藤しながら、耐える、我慢するみたいな人生を送っていくことになるのでしょうか。耐えれない時、病いがあらわになります。

 

現状、身体や精神での病いになると、リカバリーには、相当のエネルギーとお金と時間をつぎ込むことになります。病院通いで、病院が社交上とか言われている日本、過剰適応、躁鬱の二極化、鬱病、依存症、自己愛、ボーダー、防衛過剰・・・が溢れている日本。気づきは必要です。

 

とりあえず病的状況からは脱して、そして心身のメンテナンス的な意識を持って、健康に生きていくというのが、ホリスティック的には基本形です。ホメオタシス、自分の力を信じましょう。

今提供している方法論は、そんな社会変化に対応していくものである、そんな気がしています。心と身体、意識、在り方など。脱成長スタイルや、新しいニュートラルな在り方、知覚、身体、成長の限界を楽しむスタイルへと、自分を深化していきましょう。   

 


Bodymateにて 人物インタビューされました。

美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト