· 

時代

広告批評を主宰された天野祐吉さんの書く文章が好きで、朝日新聞に連載していたコラムを毎週楽しみにしていました。時代を映す鏡として、その時の旬なコマーシャルから「時代」を斬っていました。

 

そういえば、時代って最近言いませんね。多様化した現代、時代っていう枠ではなかなか収まりがよくないのかもしれません。もうすぐ元号が変わるので、平成が終わります。平成時代と題した番組も色々やってますね。

 

平成という30年間で、日本の空気感は変わりました。こうして終わりを作ると時代として括られるような気がします。昭和生まれ、平成育ちの皆さま、身体的な、あるいは人生や在り方に違和感を感じていませんか?そろそろロルフィング適齢期かもしれません。

 

10シリーズは字のごとく10回で終わりのシリーズです。区切りが曖昧になり、時代感も感じにくい時代に、閉じ切ることの意味を感じ直すにはとてもいい機会だと思っています。間延びした自分、拡大しすぎた自分を手放せなくて、ふわふわしたり、ぐるぐるしたりしてませんか? そろそろ本来の自分に戻って、新しい身体で平成の次の時代を生きていってほしいと思います。

 

日本も成熟国、戦いは終わり平和な時代を迎えました。重い仮面は外しましょう。身近な関係性も、対抗心や対立、孤立でなく、共存共栄の柔らかい在り方を目指しましょう。新しい日本には、あなたの笑顔と力と行動が必要です。

 

 

 

 

めぐる、めぐるよ 時代はめぐる

今日は倒れた旅人たちも、生まれ変わって歩き出すよ