· 

うすみどり

源義経が兄との和解を目指して箱根神社に奉納したという名刀、うすみどりを見てきました。

 

うすみどり、パステルっぽいですが、日本の伝統の色で、その名のとおり薄い緑色のことです。同じような薄い緑色を指す色名に『浅緑 あさみどり』がありますが、こちらは平安時代の格式『延喜式 えんぎしき』にも表記された伝統色で、色みも黄みがかった薄い緑色になります。

 

「熊野より春の山分けて出でたり。夏山は緑も深く,春ほ薄かるらん。されば春の山を分け出でたれば,薄緑と名付けたり。」

 

 

 

義経に取ってみれば、源平を共に戦ってきた大切な刀ですので、それを奉納するとは、兄との和解をよほど願っていたことでしょう。昔、紹介した絵本では、あおくんときいろちゃんが重なるとみどりでした。最近はキミドリと少し黄色寄りのキャラ付けをしていましたが、(何を意図しているか、分からないですよね、そういう、セルフブランディングの話がセッションで出てきたのです。)今年は、令和になり、伝統色、薄緑も取り入れていこうかと、この剣をみて思いました。

この剣は持ち主により、「蜘蛛切 くもきり」「膝丸 ひざまる』「吠丸」「薄緑」と、度々、名を変えています。源氏重代の太刀です。(多分)切れ味抜群、畏ろしき剣です。

 

キャラクターとかブランドとか考えていくと、色的な個性付けも出てきたりするのです。そういえば、昔、数字が色で見えるというクライアントがいました。感情を温度で表現する方、臭いで表現する方、知覚の個性は、様々です。