· 

とうめいのカラダ

ロルフィング10シリーズを終えたクライアントさんから、

 

「透明の体になった気がします!」

 

と言われたことがあります。

 

 

10シリーズを受け、ズレや違和感が無くなった体は、しっかりと安定して、まずそれまで使ってこなかった部分のからだの部分が存在感が大きくなって、そして全身の感じがしてきます。まとまってきて、コンパクトになった感じがして、そして存在感のない自由なからだになっていく、そんなような気もします。

 

さて、

「とうめいのカラダ」という歌を見つけました。

呼吸改善に始まり、徐々に体が自由になっていく。

という僕のセッションイメージにぴったりの素敵な曲です。

今年の僕のセッションテーマソングにしてしまおう!

(ご本人に快諾頂きました。)

 

 

 ♪ 

 

わたしのからだが透けてみえるくらいだとちょうどいいな

水や風とおり抜け、決して混ざらず、でも心地いいの

何かを失い途方にくれるけど

たとえばそれが通り雨のようなものだとして

 

ゆっくりと、目を閉じて、息を吐き出して

いっぱいの空気を吸って、また目を開けて見る

 

好き嫌いはある 人も食べ物も相性がある

それでもいいのだと、気づくまで少し時間がかかる

誰かに合わせて、自分が見えなくなる

もう平和な世界ばかりを夢みるのはやめた

 

ゆっくりと目を閉じて息を吐き出して

いっぱいの空気を吸って、また目を開けて見る

 

ゆっくりと、目を閉じて、息を吐き出して

いっぱいの空気を吸って、また目を開けて見る

 

 

 

追伸

naomi on さん、歌詞に力があって、物語が綴られます。

音域の広いミステリアスボイスが魅了的です。

少し先ですが10月に代官山「晴れたら空に豆まいて」にてライブがあるそうです。