· 

マーク・ロスコ

yellow and gold
yellow and gold

かなり前の話ですが、東京で開かれたMOMA展で恋した一枚。その後、どうしても気になり、ニューヨークへ。

 

色々調べてみるとロスコは興味深いです。フロイトやユング、原型や神話など没頭しています。そして彼は様々な不思議な言葉を残しています。

 

「古代の芸術家は‥必要な仲介者、怪物、ハイブリッド、神そして半神半人の集団を作るということが分かった。」

 

「怪物や神なくして、芸術でドラマは生まれない」

 

「私は基本的な人間の感情(悲劇、エクスタシー、運命など)を表現しているだけです。人々の多くが私の作品に直面したときに、感情が揺さぶられて泣くという事実があるので、私は基本的な人間の感情を伝えることができていると思っています。私の絵の前で泣く人たちは、私が絵を描いたときと同じような宗教的な体験を感じています。色彩の関係のみで美術を語る人は間違っています。」


ロルフィングのセッションでも年に数名、感情が溢れ出して、泣かれる方いらっしゃいます。身体が緩みに眠っていた感情がディスジャージが起こっているのだと思います。泣きたい時は泣いた方がいいと思います。感情の使い方を忘れた方、現代社会には大勢いらっしゃいます。ニュートラルになると生きやすくなります。自分自身に戻りましょう。


さて、来たことある方は覚えていると思いますが、僕の前セッションルームに飾ってあった絵も彼の作品です。

 

日本では千葉にある川村美術館にロスコルームが常設で設置してあります。庭もあってのんびりできる素敵な美術館です。

メルマガ登録

メールマガジン(無料)では、新規メニュー紹介、WS、イベント情報、からだコラム、キャンペーンなど予定しています。ご登録ください。

メモ: * は入力必須項目です


美st 2015/5筋膜特集にて店舗紹介されました。

wwdビューティ219にて人物紹介されました。

MAQUIA 2013,10、筋膜特集にて店舗紹介されました。

FRaU 2012/7にて店舗紹介されました。


TE2BodyWorks公式サイト