· 

新しい生活様式

 

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」という言葉が生まれました。

 

具体的にいうと、一人ひとりが感染防止の3つの基本である

1. 身体的距離の確保

2. マスクの着用

3. 手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等

の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。

 

ライフシフト、身体的に変わることなどを、これまで色々書いてきましたが、ついにライフスタイルも、一人ひとりが変わることを求められています。

 

新しいライフスタイルは、今までと全く変わらないし、むしろ生きやすくなった人もいるでしょう。その一方で、自分のライフスタイルや、行動の制限や修正に、違和感を感じている方も多いかもしれません。また、この面ではいいけど、この面では、違和感があるなという方もいるかもしれません。

 

次第に慣れていくこともあるし、いつまでたっても慣れない場合もあるでしょう。自分の現状を知り、それぞれが現実的な新しい方法論で、生きていくことに、環境変化に適応していくことになるのだと思います。

 

生活環境は、世代ごと、あるいは、住んでいる場所ごと、家族ごと、職場ごと、業種ごと、情報環境ごと、人間関係ごと、環境ごとに少しづつ違うのだと思います。1つの正解ではなくて、その人ごとに違う新しい生活様式のライフスタイルとルール、関係性などが必要だと思いますし、その人ごとによって必要なメンタリティが必要だと思います。


一元化された情報を全部受け取っていると、外の情報が多すぎて、身体的にフワフワしてしまうことすらあるかもしれません。身体的な違和感を感じてしまうかもしれません。自分のニュートラルなポジション、スタンスを作っていくことが一人ひとりに必要なのかもしれません。